簡単に始められるローフードと心のデトックス

IMG_1309.PNG天使のセラピスト黒ハート寛子は、3月下旬に天使の料理ぴかぴか(新しい)ローフードマイスターとなりました。
震災から二日後に予定通りローフードマイスター検定試験が行われ、試験勉強どころではない状況でしたが、ローリビングフードを日常に取り入れて5年の経験と、潤治が講師を務める講座に参加出来たこともあり、無事クリアすることが出来ました。
今後は、潤治と共にローフード講座や天使の料理コースの幅を広げていく予定です。
私自身が食の重要性に目覚めたきっかけは、20代の頃に激しい躁鬱で苦しんだ経験からです。
神経科で処方される薬がとても多く、その副作用に苦しみ抜いた結果…
抜けられないと思っていた闇の先に見つけた光、その可能性はスピリチュアルな心理療法や栄養療法でした。
そうして私は健康管理士の勉強をしたり、米国の最新栄養学を勉強したり、そしていつしかベジタリアンになり…
自分の身体の声を聴きながら、徐々にローリビングフードを生活に取り入れるようになりました。
心と栄養の関係はとても大きいものです。
天使の料理ぴかぴか(新しい)と呼ばれるローフードを本格的に学びたいと思うように至るには、この10数年の試行錯誤や葛藤の結果だったのです。
ローフードマイスター試験の課題のために、数名の方にデトックスセラピーのレポートの症例に協力をいただきました。
その人のライフスタイルに合わせてローフード生活を提案しながら進めますので、いきなりすべて生の食事にしなければならないわけではありません。
肉や魚など動物性の食べ物を禁じる訳でもありませんし、身体に負担を掛けない食物酵素を活かした食生活を、少しずつ出来るところから始めて行きます。
結果的には、みなさん自分の身体の声を聴いて何を食べたら良いのかがわかるようになっていきますね。
それでは、鬱病と診断され休職されている方の、デトックスセラピーの体験談を紹介させていただきます。

21日間デトックスセラピーを受けて
私は現在、「うつ病」で休職し心療内科を受診しています。
そんなおり、水本寛子さんのローフードによる21日間デトックスセラピーを受けました。
このデトックスセラピーを受け体調が劇的に変わり、今では生命力がみなぎる様な状態です。
この体験を皆様方に知っていただきたいと思います。
私は客先でパソコンやサーバーを修理するCEと呼ばれる職種についています。
この職種は生活が不規則になるうえ、完璧さと時間との闘いを強いられる職種のため神経がすり減る様な日々を送っていました。
その為、体調を崩し、心療内科で「うつ病」と診断されました。
心療内科では運動と服薬による治療を受けました。休職前より体調は回復しましたが、今一歩のところで回復しきれませんでした。
そんなおり、水本寛子さんからローフードによるデトックスセッションを受けました。
最初は半信半疑でした。けど、彼女の人柄を知っていましたので挑戦することにしました。
ローフードと聞くと「全て生の果物と野菜に切り替えなきゃいけない!」と思われる方もいると思います。けれども、寛子さんのデトックスセッションはそのような無理なことはしません。
「日常でできる範囲でローフードの要素を取り入れよう」がモットーでした。
ですからハードルは低いです。
もちろん、ルールはあります。そのルールは以下の3点です。

1,食べる順番に気を付ける。
果物→生野菜→発酵食品→温野菜→穀物or動物性たんぱく質
2,食べ合わせに気を付ける。
   動物性たんぱく質と炭水化物を同時に摂取しない
3,体のサイクルを知る
AM04:00~PM12:00(排泄の時間)
PM12:00~PM08:00(摂取と消化の時間)
PM08:00~AM04:00(吸収と利用の時間)

これだけのルールです。ですから想像していたより容易にできました。
ただ、その中でちょっと苦労したのは「3,体のサイクルを知る」ことです。AM04:00~PM12:00は排泄の時間の為、食事は果物のみ。
午前中は空腹で大変でしたが、3日過ぎからだんだん慣れてきました。
これらのことを守ると開始3日目から5日目に体に変化がありました。便や尿が異常に臭かったのです。
自分でも信じられないくらいでした。これがデトックスの効果であることを7日目のセッションで寛子さんから聞きました。
便や尿の臭いも落ち着き体がデトックスされると生活が劇的に変わってきます。まずは生命力がみなぎり、積極的になります。
これは自分自身の力でできたことによる裏付けが積極性につながったと思われます。
元気になると積極的に遠出をしたくなります。しばらくドライブを控えていたのですが「遠くに行こう!」という思いが募り、川崎の自宅から那須まで日帰りでドライブと買い物をしました。
往復400Kmを運転しきりました。それだけではありません。
以前は長距離ドライブには缶コーヒー、ガム、お菓子、栄養ドリンクが欠かせませんでした。
けれど、今回はガム、栄養ドリンクは一切口にしませんでした。
缶コーヒーとお菓子は少し口にしただけでした。その代わり、昼食と夕食以外はみかん3個、イチゴ5粒ほどを運転中に食べただけでした。
以前との変わりように助手席に同乗していた恋人が驚いていました。
ですから、デトックス前と後の飲食費を比べるとデトックス後の方がはるかに安い金額になりました。
私は現在も完全菜食ではありません。
けれども水本寛子さんのアドバイスを受け、3つのルールを取り入れただけで、体調も常識も大きくに変化しました。
寛子さんのデトックスセッションは高額な商品の購入の必要がなく、被験者自身の生活で実践できることをアドバイスしてくれます。
ですから、被験者自身の達成感があり、自信も湧きます。
大げさに聞こえるかもしれませんが「自分にもできる!」という思いから人生観も「根拠あるポジィティブ思考」になると思います。
水本寛子さんのデトックスセッションは体のデトックスだけではなく、心のデトックスもしてくれます。
多くの人が彼女のデトックスセッションを受け、ポジティブな人生を手にしてほしいと思います。
(M.Oさま 男性)


大天使ラファエルと『21日間デトックスセラピー』

進め方
:スカイプ・電話・対面いずれかのセッション 全4回
 (初回60分、30分×3週分 計4回)
 ※メール・カウンセリングにも対応いたします。
料金:20,000円

現在の食生活を初回にカウンセリングし、あなたに合ったローフードの取り入れ方をご相談させていただき方針を決めます。
その後、21日間の食生活を記入していただきます。
(用紙は郵送または、添付ファイルにてお送りします。 この用紙の提出の必要はありません。)
週一回のカウンセリングの都度に食のプランを見直し、あなたの人生を心身魂レベルで引き上げていきます。
“食”がいかに身体や心に影響があるかを感じるかもしません。
人生はエネルギー管理です。
21日間のセラピーを通して、あなたの心・身・魂の充実を大天使ラファエルと共に、寛子がサポートいたします。
◆お申し込みお申込みフォーム 
 携帯の方は angel★aqua-mixt.com (★⇒@)

関連記事

  1. 相手をどんな人にするかは、自分次第

  2. 那須高原☆森の中のコテージ~隠れ家~

  3. 僕は娘に嫉妬する この嫉妬は秘密

  4. 見守る愛と見張る愛 すり替わる愛情 その2

  5. 私の豊かさの物語(アバンダンスストーリー) Part.1

  6. 胃がときめくデトックスランチ【雑穀レシピ編】

  7. 重曹生活プラスαー台所編

  8. 魂が喜ぶ仕事、それはどこにある?

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧