「恋愛講座」ご感想(1)親密になることへの怖れ

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
七夕の逢瀬
AQUA MIXT 潤治です。
先日、ライトワークス五反田本店での企画
「男性の気持ちを捉える『恋愛講座』」に講師として参加させていただきました。
講座と言っても、ほぼ女子会のノリでした。
(見ず知らずの男が講師をしていても「女子会」のノリにするために、感情のペーシングとイメージのすり合わせなどは調整しますが…。)
恋愛の素晴らしさ、人生のテーマをぶっちゃけトークで皆さんと共有させていただきました。
神さまはどうして、この世に「男と女」という性別を創り出したのでしょうか?
わざわざ、理解しにくい個別性を僕たちに宿したのでしょうか?
傷つけ合ったり、憎み合ったりするのはなぜでしょうか?
ひとりでいることが辛いと思うのでしょうか?
きっとこの先の自分の人生で、
ふと、今生きている地点を振り返ってみた時に、

「ああ、あのときに聞いたお話は、
私にとって大きな転機となったお話だったな。」

と感じられるのではないかと思います。

———————–

自分が思っている以上に人とつながりたいし、
その中にいたいんだと思いました。

僕たちは魂が肉体を持ち、個別性を備えて今世に生まれてきますが、
人生のひとつのテーマに、
「親密になること」「再びつながること」
があると僕は感じています。
心が通じ合わないで、傷つけ合ったり、孤独を感じて苦しんだりするのも、
「再び、つながること」を魂は学び、経験したいのだろうと思います。
そうでなければ、わざわざ個別性など無くて良かったのですもの。
本当の自分の感情を味わい、親密になることを楽しみましょう。
ちょっと、勇気がいるところが「人生のスパイス」な感じですね。
恋愛講座、また開催しま~す♪

このたびのワークショップでのお話は、
私にとって、今ま で見えていなかった別の側面に光を当ててもらって、
目からうろこのようなお話ばかりでした。

きっとこの先の自分の人生で、

ふと、今生きている地点を振り返ってみた時に、

「ああ、あのときに聞いたお話は、

私にとって大きな転機となったお話だったな。」

と感じられるのではないかと思います。

今日は、自分の目と耳と心に刻みつけるような思いで

お話を伺っておりました。

瞬間移動のように自分がいっきに変わることは無理でしょうが、
地道に、オセロゲームのように

一枚一枚ひっくり返していくような気持ちで、
今日伺ったお話を自分の人生に、生かしていきます。

本日は大変ありがとうございました。

どうぞご家族の皆様ともども、

お身体に気を付けてお過ごしください。

———————————————-

潤治さん、今日はありがとうございました。
とても楽しく、充実した時間でした。

皆さんのお話しに心が動かされ、
今もこうして潤治さんにメールしていると涙が溢れて来ます。

自分が思っている以上に人とつながりたいし、
その中にいたいんだと思いました。

昔から自分は嫌われ、迷惑な存在なんじゃないかと思って
うまく人間関係が築けずに来ました。
男性とお付き合いをしても本音が出せないので、
恋愛がとても苦しいものになってしまいます。

今日ワークショップに参加して、
弱さを出す事がOKなんだと、

それがわかっただけでも大きな収穫でした。

好きな人が出来たらまずはそこから始めてみます。

気持ちがスッキリして元気が出て来ました!

潤治さん、ありがとうございます。

関連記事

  1. 我が家の内部告発のおかげで「所有の概念」が消える?

  2. インディゴチルドレンの憂鬱「失敗するために挑戦する」

  3. 「世界は僕をはめようとしている!軽んじている!」とか言っちゃって…

  4. ライトワークス本店企画「恋愛講座」レポ(1)メディアの意図

  5. 彼はポラリティ中毒「恋愛とポラリティ(二極性)は相性が良い?」

  6. 彼が恋愛する理由(6)

  7. インディゴチルドレンの憂鬱「強い成長願望と自己否定癖は表裏一体」

  8. インディゴチルドレンの憂鬱「自分が何者なのか話せない」

過去記事一覧