たいしたことないです、こんなの普通にできることですから…的な傲慢

僕が担当する「デトックスランチレッスン」は、ありがたいことに参加してくれる人が後を絶えない。

ひとえに理解し応援してくれる人たちのおかげである。

正直、炊事という家事の延長線上にあるこの「料理」という営み…。
誰に見せるでもなく、黙々と、そして粛々と行われるものであるはずだった。

しかし、十数年前、自宅で家事をしながら、仕事がしたいと思ったわけだ。

布団を干しながら、自宅で講座やセッションができたら、どんなに素晴らしい日々だろうか?
洗濯物や買い出しがストレスなく行なえたら、心はどんなに安らぎ、豊かさを感じるだろう?

もう、この時すでに料理を人と共有する伏線が張られていることに僕は氣付いていなかった。

デトックスランチレッスンは、僕のライフパーパスである「心の安らぎを提供する」ために稼働し続けている。

残念ながら、僕は「こんなの家事のひとつ、他人様に差し上げるものではないよ。」と、自分を過小評価することを止めなければならない。
むしろ、日常の細部にまで喜びに満ちあふれていること、そして、自身の才能の分かち合いを神さまにお勧めされいる。

「それでも、あなたはひとりで自分を過小評価し、孤独を選び、頑なに生き方を変えず、この人生をつまらなくすることで何かに復讐したいのかね?」

自分の才能を受け取り、そのことを味わい、感謝して自分と世界を信頼し、分かち合おうとすることで、人生は全く予想しない、それ以上の景色を見せてくれるようだ…。

 

デトックスランチレッスン、また告知しますね。
参加された方から、ご感想をいただきましたので、掲載させていただきます。
※前回は菜食インド料理編でした。

デトックスランチ、すごい美味しかったです。
味、安定してました(笑)。

野菜だけだったのに、すごい腹持ち良かったな~と思います。
食べすぎた…のもちょっとあるかも知れないけど(笑)
でも、ギーが入っているからなのかな、物足りない感じは一切なかったですね。

そして、潤治さんにとっては、え、これ、ご飯作るだけだよ…?
お金もらっていいの?って感覚なのでしょうか?

いや、すごいですよ~。
作るの面倒くさいって思う人もいるんだもの。
あそこまできちんと作るのがすでにすごい。

(N.F さま 女性)


夜に、早速チャーハンにギーを入れて感動してました(笑)。
そしてお二人とのやりとりで私のなかでもパートナーシップに意識が向き始め、帰り道に、Nさんに「パートナーシップに停滞感を感じてるのかもしれないな」と話していたら、帰っていきなりエネルギーが大きく動くことがあり、これまでとまた違った発見や変化が出始めています(笑)!
「きっと分かってもらえないだろうな」「変わらないだろうな」といつのまにか諦めてしまってたことが、二人のエネルギーも固定化してしまってたんだなぁと思いました。
もっと二人でやりたいこととか、試してみたいこととか、決めつけずにやってみようかなと思いました。
パートナーシップのプログラムも、また検討させてもらうかもです。
いつもながら、お二人のオープンな気づきと体験のシェアに感謝しますー!
引き続き、どうぞ宜しくお願い致します(* ´ ▽ ` *)。
(K.T さま 女性)

関連記事

  1. 幸せは自分の心が決めるなんて、ネット社会では至難の業?

  2. 欲求(ニーズ)とどう付き合い、どう活用するか、そしてどう満たすか

  3. ライフパーパス個人レッスンは、新しい冒険を始めるような氣持ちで

  4. パートナーがもたらす平安な世界

  5. 2017年のテーマ☆ダメダメな自分こそ才能に気づくサイン

  6. あなたの「内なる神」を使いこなそう!

  7. 評価されることの怖れと自己受容、自己肯定感

  8. 自分らしくあるために対峙するかもしれないもの

過去記事一覧