映画「ファインディング・ドリー」で見つけた問いかけの力

11月イタリア・フランス旅行帰国便では、機内で観られる動画などが充実していました。
行きのAlitaliaと比べて帰りのAir France、子連れへの対応も素晴らしかったです。

そこで3歳の娘小葉(このは)と2人で「ファインディング・ドリー」を観した。
夏に劇場で観たいなと思いつつ未遂まだったので、ラッキー
DVDで「ファインディング・ニモ」も大好きだった小葉と、夢中になって観した。

映画で印象に残ったテーマは、
問いかけ続けて、アウェアネスに従い、不可能を可能にする!」
という何ともコンシャスネスな香りが漂っていした。


先日DVDも発売されレンタルも開始したで、ネタバレしない範囲で紹介しますね。

ニモ父親マーリンが使い始めた問いかけ、それは今回主人公ドリーがいつも絶体絶命のピンチを切り抜けてきたことから生まれた問いかけです。

マーリンにその話を聞かされたドリー、彼女も意識してその問いかけを使うようになす。
絶体絶命ピンチ時、もう打つ手がないと諦めてしいそうな時、問いかけることを思い出し、問いかけ続けす。

そうすると、アウェアネス(気づき)が味方してくれるです。
思いもよらない打開策が見つかり、彼らは次々とおとずれるピンチを切り抜け、不可能を可能にしていくです。

そんな視点から楽しむことができ、機内で観たもう一つ「X-men」よりずーっと楽しめたのです。

そして今、マーリン問いかけをわたしも参考にして、日々、そしてセッションを行うときに自分に問いかけていす。

どんな問いかけしてるかって?
先日Facebookで呟きました。

さてレンタルDVDも借りて来たし、またドリーのドタバタ大冒険を観ようっと!

関連記事

  1. 変化のためのツール☆アクセス・コンシャスネスより

  2. 「絶対に嫌だ!」からの「自分の本当の氣持ち」

  3. アクセス・バーズ講座にボディ・プロセス3つ追加

  4. 僕たちは本当に無限の可能生を求めているのか?

  5. ポラリティ中毒はこの世でもっとも強力な中毒のひとつ

  6. 頑張る世界から受け取る世界へ

  7. 変化の過程は人それぞれ異なるもの

  8. 歓びに満ちた仕事とは?~Joy of Business動画

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧