家族のトラブルは可能性の窓

こんばんは。AQUA MIXT 潤治です。

その手を離さないで

今日は心理学講座の個人レッスンを開催していました。
家族療法編…です。
家族をどういう視点から観るかで、その意味が異なってきます。
お互いに傷つけ合った人たち
トラウマを植え付けられた場所

すこし、ネガティブな響きですね。
それだけじゃないです。
お互いに才能を磨き合ったチームメイト
どうしても今回の人生で魂の成長に必要な協力者たち

どんな見方をするかで人生のスタンスが決まります。


例えば、ある男の子がいます…。
毎晩、喧嘩ばかりする両親を目にして、
その男の子はどうにかしなくっちゃと思います。
どうすれば、ふたりは仲良くしてくれるんだろう?
どうすれば、笑ってくれるんだろう?

だって、おかあさん、おとうさんが愛し合ったから、
僕が生まれて来たんでしょ?
思い出して欲しい、僕は愛されて生まれて来たんだって。
その子はある決断をします。
そして、行動を起こします。
僕が病気になれば、ふたりは心配して喧嘩は止めるだろう
僕がいなくなれば、元のようにふたりは仲良くしてくれるだろう
僕がふたりを笑わせて、仲良くさせてみせるよ
僕が手の付けられない「悪い子」になれば、ふたりが協力してくれるだろう

人によっては、
お互いに傷つけ合った人たち
トラウマを植え付けられた場所

と見えるでしょう。
また、お互いに才能を磨き合ったチームメイト
どうしても今回の人生で魂の成長に必要な協力者たち

とも見えるでしょう。
僕が病気になれば、ふたりは心配して喧嘩は止めるだろう と思った彼は、
きっと病気を通じて命の尊さを両親に教えることになるかもしれません。
僕がいなくなれば、元のようにふたりは仲良くしてくれるだろう と思った彼は、
自分の存在価値を見出し、周りの人たちを自分の分身のように
大切にするかもしれません。
僕がふたりを笑わせて、仲良くさせてみせるよ と思った彼は、
人間関係の調和のために、笑いのセンスを身につけ人を和ませるかもしれません。
僕が手の付けられない「悪い子」になれば、
ふたりが協力してくれるだろうと思った彼は、
両親が表現できなかった悲しさや寂しさを表現してくれるかもしれません。
この世に生れてきた感謝を、
小さい身体いっぱいで表現しようとする子供たち

それは僕たちひとりひとりが体験してきた道のりです。
そのことを思い出すのも、
家族療法をスピリチュアルな視点から観ると理解できたりします。

「家族療法×ファミリーハーモニー」レッスン
10月21日
(日)
11時半~15時
家族のコミュニケーションパターンを知り、
過去の影響を知ることができれば、
家族関係・人間関係・男女関係は
さらに豊かさを見せてくれることでしょう。

関連記事

  1. 台風の去った公園で虫たちと

  2. ひとりひとりにありがとうを

  3. 自分探しに、ちょっとスーパーマーケットまで 2

  4. 宇宙の共振☆満ちていく月

  5. 自分とはこういう人間だ…という実績、よりどころ…

  6. パートナーとの溝を作る自尊心、劣等感、上昇志向の罠

  7. 胃がときめくデトックスランチ【雑穀レシピ編】

  8. 袖振り合うも多生の縁~上級レッスン~

過去記事一覧