あるひとつの競争の勝ち負けごときに、わたしの価値は変わらない

運動会シーズンですね。

近所の中学校からは、ブラスバンド部の練習が聞こえてきたり、生徒たちがリレーの練習をしていたりするのを目にします。

バディースポーツ幼児園に通う娘の小葉も、運動会に向けて猛練習をしています。
朝、彼女を園まで送って「朝体操」という始業の前のグラウンド走を外からネット越しに見ていると、リレーの練習や股上げ走などもしていました。この歳でそれをするのか?といつも驚きです。

そして、厳しさが増す年中(ミドル)さんのこの時期…

娘はあきらかに朝体操の時間を嫌がり、朝は何かとぐずぐずとして遅延策を講じていました。

彼女が入っている「体操クラブ」なども見学をしていると、あきらかに「できる子」「できない子」の差があります。
その差も歴然で、勝ち負けや出来る出来ないという目を背けられない現実が彼女の前に立ちはだかります。

しかしながら、彼女は次第に朝の遅延策を講じなくなりました。

きっと、彼女なりにその現実を消化したのでしょうか。

友だちとの差も、あるひとつのものの見方でしかないわけですし、昨日の自分よりも今日の自分は成長しただろうか?という視点を持って、運動会に取り組んでいるようです。

健氣にグラウンドを走る彼女を見て思うのが、

「この園に入れてよかったのだろうか?」

という親の疑問や不安です。

入園して3年目で、「今なおか!?」と自分でツッコミを入れてしまいます。

それでも、早い時期に大人のように投影や誤魔化しのきかない状態で勝ち負けを受け入れられることを良しと思いつつ、しかしながら、五里霧中状態です。不安です…。

迷うなら、問いかけよう!そして、求めよう!

迷う時間があれば、娘のためにも「問いかけよう、求めよう!」と思っています。

「彼女を勇氣づけるために、僕はどのような人生を歩めば良い?」
「彼女の生きる力を信頼できる強さのために僕は何になれば?」
「心配することは、彼女のため?それとも自分のため?」
「悩むことよりも、彼女のためになることは何?何を選択する?」

などなど。

園に娘を迎えに行くと、多くの子どもたちに囲まれます。
そんな中で、できない自分と出合いながらも笑顔でいる子どもたちにいつも勇氣づけられます。
それでも自分は素晴らしいとでも思っているかのよう…。

単なるひとつの競争ごときに自分の価値は変わらないという芯の強さを娘に感じてしまうわけですね。

自分が自分をあきらめてしまったら、誰が自分を立て直すのか?

でも、徹底的に「正誤・勝ち負け・良い悪い」などの感覚をすり込まれた(教育された)「調教済み」の僕は、その勇氣を持てずにいました。

2度目の結婚、AQUAMIXTでの多くの出逢い、娘との出逢いによって、少しずつ勇氣や自分の価値を取り戻しているような気がしています。

ああ、運動会当日、きっと娘の姿を見て、泣いちゃうな…。

投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
潤治の徒然草
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました