過去はパンドラの箱か、希望を生み出す導きか…

人との出逢いや別れを繰り返し、その人と出逢ったために、人生は良くも悪くも、劇的に変わっていくことがあります。その中には感謝しきれないもの、また、汚点のようなものもあるかもしれません。

出逢いに意味づけするのは僕たちですが、その出逢いそのものの意志はどのようなものかは問う必要があります。その問いに対する答えは、人生のある時点でもたらされるでしょう。

この出逢いはわたしに何ももたらすのだろう?
あの出逢いはわたしに何を伝えたかったのか?
あの人の何とわたしは引き合ったのだろう?
わたしの何を見て、あの人は引き合ってくれたのだろう?
出逢いそのものにどんな意志があったのだろう?
あの出逢いがなかったら、わたしはどんな人生を歩んでいただろう?
魂の成長にこの出逢いはどのように貢献してくれるだろうか?

「出逢い」に対する問いは、すぐに答えがもたらされなくても、問いかけることで人生は変わっていきます。問いに対する答えが必要とならないくらい、新しい視点、選択が広がっていくかもしれません。

ひょっとしたら、過去のパンドラの箱だと思っていたことが、人生に綺麗な花を咲かす種であることも、残念ながらあるようですw。

そこから、どう選択し、行動していくかは僕たち次第ですね、きっと。

今回、メールカウンセリングのご感想をいただきましたので、掲載いたします。
メールカウンセリングは3通のカウンセリングメールを通して、テーマを深めていきます。自分自身の隠していた訴えや感情に氣尽くこともあります。そして、守護天使のサポートを感じ、新しい視点、広がっていく視野を経験することになります。

自分自身の過去を振り返り、 私にとって開けたくないと封印していたパンドラの箱を開けるキッカケをいただきました。

偶然のように思いましたが、ちょうど今のタイミングで蓋を開け、TさんとAQUA MIXT さんに出会ったことも、必然だったんだろうナ…と実感する次第です。

ちょうど昨日、
何気にCDを聞こうと探して手に取った
ドリーン博士の「ロマンスエンジェルCD」を久し振りに聞くことになりました。

数年前までは、どう頑張っても許すことが出来なくて一生許せないだろうと固く信じていたAが、語り手の優しい誘導に導かれるまま、素直に許すことが出来ました。不思議でした。

「すごい!全てが必然に起こっている!」と感じました。

良い流れでここまでこれたことに、
自然にパンドラの箱を開けるよう
流れに導いて応援くださった AQUA MIXT さんと天のお導きに感謝です。
ありがとうございました!

(J.O さま 女性)

 

関連記事

  1. 誤解を怖れないなら、僕は何をするだろうか?

  2. 胡散臭さの向こう側にあるもの(4)確かな光明はある

  3. インディゴチルドレンの憂鬱「理想に息切れ、現実で迷走」

  4. 問いかけや質問力は過去の信念を溶かし始める

  5. 嫉妬から自爆、悲劇のほうが僕に合ってる

  6. 身体が受け取ることを許容したら?あなたは何を感じる?

  7. あなたの持つインディゴパワーを発揮してください

  8. インディゴチルドレンの憂鬱「試練好きの燃え尽き症候群」

過去記事一覧