3歳の娘は大天使とも仲良し

3歳の娘・小葉(このは)は、普通に天使の話をするようになりました。
「天使はね、光っているの」

おおー、高次元の光を感じているのでしょうか。

324f35968f5cbc0b2a4715e37338ccd4_s

先日は信号無視した大型トラックが、白バイに追いかけられているところを見ました。
最近は信号だけでなく、交差点全体に興味がある様子です。
信号無視が交通事故につながること。
うちのような軽自動車とぶつかったら、車はペシャンコ、死んでしまうかもしれないことなど話していました。

怖がる娘に、
「でも大天使ミカエルが守ってくれるから、大丈夫よ。お願いしようね。」
と話すと、即座に返答。
「アリエルもいるね!」

私、アリエルの話を特にした記憶はないのです。
娘と一緒によく呼ぶのはミカエル、ラファエル、ガブリエル。

けれどもいつの間にか、ちゃんと他の天使たちとも仲良くしていて名前まで知っている。
存在を感じている。

やはり、アースエンジェルの子供ですね。

「このは、天使なの。」
胎内記憶について語るときに、よく言っています。

しかし夏のある日、体育会系の幼児園で疲れがたまっていた時でしょうか。

「雲の上に帰りたいなぁ…」
とのつぶやきが。

パパママを置いて、帰らないでね?!

今は3歳、お空にいた時の記憶もまだ語る時期ですが、この感覚をずっと持ち続けて欲しいなと感じます。

関連記事

  1. 人生は現地調達か、事前予約か?荷物も心配もパンパン状態!

  2. 下に積むの楽しい下積み時代 あなたの起業はどう?

  3. 始末に負えない子供たちが僕の進むべき道を照らしてくれた

  4. お金をいただいてのオラクルカードリーディングを…

  5. ありのままの自分を表現するために(2)

  6. 完璧主義が愛情表現だなんて悲しすぎる

  7. サンリオピューロランドをお得に楽しむ☆年間パスポート編

  8. 無力感は愛し方の違い、自己欠乏意識から生じる?

過去記事一覧