自分のルーツを知り、自分とは何者なのか?

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
不安の正体
AQUA MIXT 潤治です。
どうして今世に私は生まれてきたのか?という問いを僕たちは持つことがあります。
それが人生のどんな場面でかは人それぞれですが、自己存在に対する「何となく不安」というものでしょうか。
その不安は漠然としてつかみどころが無いように思え、考えることも面倒になり、日常の忙しさで考えることから遠ざかることもできます。仕事や恋愛、人間関係、テレビ、ゲーム、グルメ、学校…など世の中にはそのツールはたくさんありますもの。
しかし、自分のルーツを知り、自分とは何者なのか?を自分が納得すること
人生の豊かさをさらに感じるひとつの鍵だと感じます。
僕自身含め、多くの人の人生脚本や過去生を観て思います。
AQUA MIXTのプロフェッショナル養成コースではさらに観ていきます。

自分を知ること、知って納得したり解放されたり癒されたりして、
ますます自分と深く一致していくこと、
そんな体験ができてとても幸せな気持ちです。
忘れていた自分に出会い、また本来の自分へと戻っていく感じですね。
いつも素敵な体験をありがとうございます!
次回も楽しみです。

(C.Oさま 女性)

そして、自分のルーツに縛られていることも感じます。
過去生の体験が、今に影響していることは多々あります。
それが幼少期の経験というものに強化され、トラウマとして形成されていくようです。
過去生で魔女狩りに遭った人は目立つこと、自分の能力を試すことに消極的です。
そして、その経験が幼少期に目立って怒られた、能力を試して批判された…
などの経験につながり、「試すことへの怖れ」というトラウマを背負うかもしれません
そうした怖れを力業で矯正するよりも、
ルーツを受け容れる勇気や好奇心が必要かもしれませんね。
安全な世界に僕たちは住んでいるのですから。
…とスポ根世代の僕からはぬるい世界と思ってしまうこともw。
反省して努力して、気合いで乗り切れ!できるまでやるんだよ!的な。

レッスンにお伺いしてから、あっと言う間に一週間が過ぎました。
今回のレッスンも、とても楽しかったです。
過去生からの癒しや気づき、やっぱりとてもいいですね~(*^^
*)
すごく腑に落ちる事柄がいくつもありました。
特に目立つ(見つかる)のが怖いという気持ちが、
過去生から来ていたのがわかり、
「今はもう怖がる必要はないよ、
大丈夫だよ」という声が聞こえて、
とても安心な気持ちになりました。
石のパワーも、新たな気持ちで受けとってみたいと思います。
ずいぶん昔に味わった恐怖や悲しみ、怒り、無力感から解放され、
ますます自由に自分らしく羽ばたけそうです。
それから、アースエンジェルタイプ。
天使の生まれ変わりかも?ということは、

2年くらい前に潤治さんに見ていただいて、
本でも読んで、
そうかも!と嬉しくなり、腑に落ちることもたくさんありましたが、
同時に妖精の存在もとても気になっていました。
今回、元素霊の要素もある複合型かな?ということで、

深く自分と一致したのを感じています。
妖精といっても、もっと土っぽい感じ、というのがすごくわかる!
と思い、
昔から大好きなムーミンの物語に出てくるような、
森の中の薄暗いところに隠れ住んでいる
不思議な生きもののイメー
ジが浮かびました。
小さい頃から、茶色や深緑やモスグリーンが好きで、
好んで身につけているのも、森のイメージなのかも。
自然の中に居るのが大好きで、
でも明るく爽やかな草原などよりも、
すこし薄暗く湿った森に居るのがとても落ち着くのも、

なんだかより深く理由がわかった気がして嬉しいです。
自分の中の何かが、「思い出してくれてありがとう」
と嬉しがっている気がします。
面白がりなわたしや、いたずら好きなわたし、
皮肉っぽいわたしは、
こっそり家族に向けてだけ解放していましたが、これからちょっとずつ、
いつでも丸ごとわたしで居られるようになりそうな予感です。
自分を知ること、知って納得したり解放されたり癒されたりして、

ますます自分と深く一致していくこと、

そんな体験ができてとても幸せな気持ちです。
忘れていた自分に出会い、
また本来の自分へと戻っていく感じですね。
いつも素敵な体験をありがとうございます!
次回も楽しみです。

(C.Oさま 女性)

関連記事

  1. 今日は春分の日

  2. エンジェル・ヒーリング入門(4)☆ありがとうダイエット♪で身体の浄化

  3. 汝の敵を愛しなさい エゴとの調和(2)

  4. 来週ゲスト出演☆あっ!とおどろく放送局「キラポジョぷりっ♪」

  5. ランチつけとく?スピリチュアルマッサージ

  6. 那須高原☆森の中のコテージ~隠れ家~

  7. 私がずっと探し続けていた人・・・

  8. 目に映るものすべてがあなたへのメッセージ

過去記事一覧