AQUAMIXT の日常

こんにちは、潤治です晴れP1010017.jpg
今日のこちら多摩市聖ヶ丘は、とても強い風が吹いています。午前中の雲はまるで、天空の城“ラピュタ” が隠れているような夏の入道雲を思わせる大きな雲がありました。“ラピュタは本当にあったんだ!” と独り言を言ってみました…。
ここ数日、AQUAMIXT へのたくさんのメールありがとうございました。
今まで、紡いできたご縁のありがたさを感じています。
祈りとともに、自らの中にある怖れをクリアにしていきたいと思っています。
ここ数日、満月に向かって、プチデトックス中です。
玄米甘酒を作り、玄米の栄養を余すことなく摂取しています。身体が解毒されていくのが解ります。放射能の影響も心配ですが、ジョギングをし、うぐいすの鳴き声を聞きながら、近所の桜ヶ丘公園の山野を走ります。汗をかき、高台に登ると、桜のつぼみが目立つようになっていることに気付きます。数週間後にはお花見もできそうです。
スーパーマーケットに行くと、商品の品薄感が気になりますが、ほうれん草スープを作るための野菜は並んでいます。生鮮食品は日持ちがしないからでしょうか…、ベジー生活に必要なものを購入するのに困ることはあまりありません。
日持ちのするものの恩恵のおかげで、“買いだめ・買い占める” なんてこともできるんだと思います。食をテーマにしたレッスンやワークショップでシェアさせてもらっている“食品添加物” の話がありますが、その害と恩恵を見極めながら、生活に取り入れていければいいのかもしれません。解毒や排出も心がけながら…。
計画停電のおかげで、あらために電気の大切さを知ることができます。
トイレの便座で “暖” をとるのが、好きな僕も無駄遣いすることがないように気をつけています。ひとつひとつの家事が“祈り”を表現するものでありたいと思いながら、(できるできないではなく、思うことが素敵)過ごす日常です。
ワークショップの告知も随時していきますッ!

投稿者
この記事を書いた人

スピリチュアル・カウンセラー ・催眠療法士・整体師 ・菜食料理研究家

両親の離婚をきっかけに、小学生の頃より心理学やコミュニケーションを探究し始める。
リストラ・離婚という逆境の中から、自分の生き方を見出す。
20年前より、学校カウンセラーとして、親子の悩みに寄りそい、現在は夫婦の「直感磨きセラピーサロン」を15年間主宰している。

自身の逆境の多かった経験から、コンプレックスや生きづらさを才能として活かす生き方のサポート、セラピスト・ヒーラーの育成をしている。

AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
ハッピーライフ
AQUA MIXT★水本潤治をフォローする
アクア・ミクスト
タイトルとURLをコピーしました