疑うことを止めれば自由になれる オラクルカードメッセージ

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
AQUA MIXT 潤治です。

日本唯一、夫婦でドリーン・バーチュー博士認定エンジェル・セラピー・プラクティショナー(R)として活動しています。

IMG_0828.JPG

ドリーン・バーチュー博士のオンラインコース認定エンジェル・カード・リーダートレードマーク(TM)(CACRトレードマーク(TM))オンラインコース

にも携わり、オラクルカードセラピスト養成講座もAQUA MIXTで開講しましたので、オラクルカードのブログ記事も書いていきたいと思います。

日常的にオラクルカードから受け取るメッセージを共有していければ幸いです。

今回、使用したデッキは「大天使ラファエルオラクルカード」です。

今回はワンカードリーディング、僕の質問は
「最近突然襲う頭痛は僕に何を教えようとしているのでしょうか?」です。

大天使ラファエルが女性の頭に手をかざしている。
その手には虹色のエネルギー、そしてまばゆい光を宿している。
虹色のイメージは多様性・神との契約・生命力…。
頭に手をかざされた女性は祈りを捧げている。
力を授かっているような雰囲気である。
蒼い服を纏ったラファエルは、赤いマントを羽織っている。
冷静さ、情熱のバランスといったところだろうか。
ラファエルの頭に宿る光とその女性に与えられている光は同じもの。
遠くには、湖に滝が流れ込んでいるような風景が見える。
絶え間なく流れてくる豊かさ、愛情。
疑うことを止めれば、自由になれる。
神との契約はすでに交わされており、
その力を信頼することと疑うことの不均衡で頭痛は起こるのか。
僕が感じたメッセージは…
あなたに起こる痛みを罰と感じることは止めましょう。
それはあなたの怖れが生じさせる思考です。
怖れと痛みは密接に関連し合っています。
痛みを感じる時は、あなたが怖れを抱いている時だということです。
どんな怖れでしょうか?
自分の力を試す怖れ、
信じ抜く怖れ、
人生に起こるすべてのことに責任を持つ怖れ…
どのみち、あなたが自らを過小評価することから、
その痛みが発生していることに気づくでしょう。
あなたは天使の仕事をしています。
あなたは天使に守られていて安全です。
終わりのない豊かさ、注がれる愛情、溢れてくる幸福感を信頼して、
あなたの仕事をしましょう。
神との契約は「あなたが自分を最大限に信頼すること」です。
となるでしょうか。

あなたにも必要なメッセージだったかもしれませんね。

YouTube AQUA MIXTチャンネル

関連記事

  1. シックスセンスを磨くオラクルカード

  2. 大天使ミカエル=蛙の仲間?~ベビーサインの日常

  3. 【動画】親の介護問題について☆大天使ガブリエルオラクルカード

  4. スピリチュアルな仕事を本業に出来る人、出来ない人の違いは?(1)

  5. ソウルメイトがリレーしていく関係〜出逢いと決別

  6. 【イベントリポート】リブロ川越店 オラクルカードリーディング体験会

  7. わたしにとっての「シンボル」☆オラクルカードセラピスト養成講座入門編よ…

  8. 押忍!オラクルカード部 オラクルカードWS感想

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 潤治
    • 2014年 6月 05日

    mom さま
    コメントありがとうございます。
    自分を信頼して、自分がやりたいことに進むということは勇気が要るように思います。
    天使の仕事、楽しんでくださいね。
    この記事が祝福と捉えていただきありがたく思います。
    感謝をこめて

    • mom
    • 2014年 6月 04日

    こちらの記事を拝見した後、
    「あなたのための一枚をお引きします。
    (オラクルカードコンシェルジュ)」
    で、ある質問するとこのカードが出て、びっくりしました!
    虹色について私が感じる印象は、
    “幸運”、“調和”、“陽の光”です。
    先日カラーセラピーをされているお店で、色彩講座を受けました。
    色を人の性格や特徴に置き換えて、コミュニケ―ションを学ぶ講座でした。
    バランスって大事だなと感じました。
    そして、
    このオラクルカードから私が感じた印象は、
    “委ねてください。そうすれば調和がもたらされます。”
    です。
    そして、
    自分を信じるって大切ですよね。
    私は今、新しい事をはじめるための準備をしています。ものづくりです。
    そこにも、太陽に照らされ、光る、虹色を取り入れています。
    こちらの記事を拝見し、祝福されているように感じました。

過去記事一覧