アーカイブ: アクセス・コンシャスネス® - ページ 3

アクセス・コンシャスネス®

変化の過程は人それぞれ異なるもの

わたし自身、アクセスのAbuse Hold(虐待にまつわる肉体に閉じ込めたショックや記憶の解放)の効果は様々な予想外のことが起こりました。 その一つであるイタリアフランス旅行より11月17日に帰国してからも、Abuse Holdのセッションがとにかく続いていました。 Facebook個人ページでは、旅行中の様子も写真付きで積極的に発信していたのですが、こちらのWebマガジンにまとめようと思うにも、…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

問いかけは気楽に人生を楽しむツール

「問いかけ」や「質問力」について、お問合せを数多くいただいています。 アクセスに出合う以前から、「質問力」がサイキックな感覚を伸ばすということ、答えを求めるためではない質問の力についてレッスンをしていました。 そしてアクセス・コンシャスネス®流の問いかけで、さらに自分の想像を超えた可能性を開く、エネルギーをダイナミックに変えるという用途まで。 本当に、問いかけ・質問とは面白いものです。 もっと使い…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

「絶対に嫌だ!」からの「自分の本当の氣持ち」

今年、4月に父が事故で入院し、一気に痴呆症が進みました。 彼が人生のすべてをかけたといってもいい、ローンが残っていた「夢のマイホーム」には誰も住むことなく、寂しげに建っています。 今では幻のような言葉「終身雇用」の環境で、父のような団塊の戦後ベビーブーム世代は、会社人間として生きる限り、マイホームは難しいことでなかったかと思います。 父の場合、それに反発し、転々と職を変えながらも家を持つに至ったわ…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

お金にすり替えている自分のテーマは何かしら?

「わたしは、喜びを持ってお金を使っているだろうか?」 「お金がわたしのもとに来てくれた意味は何だろうか?」 「わたしから旅立っていくお金が誰を癒し、誰を応援してくれるだろうか?」 「お金にとってわたしは居心地の良い場所になっているだろうか?」 人生のテーマをお金にすり替えてしまうことが少なくありません。(僕だけ?) 自分のセルフイメージの低さ 自分らしく生きていないことの罪悪感 受け取ることの後ろ…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

人生には問いかけと直感が必要?航海には地図とコンパスが必要

今週は、自宅サロンが水道管工事のためにサロンでのセッションをするのは難しい状態でした。残念ながら、遠隔でのセッションも騒音のために受付できませんでした。 この期間中は神楽坂のレンタルサロン「パレット」にて、セッションをすることになりました。 久しく使っていなかったので、何だか新鮮な心持ちでした。 代表の稲澤京仔さんとも、お話ができて「パレット」を借りて僕自身のサービスを展開させた当時を懐かしく思い…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

自分を大切にするとどんな人生が待っている?Abuse Holdセッション

 来週にイタリアフランス旅行が控えている、寛子です。 もともと旅行が大好き、一人旅が大好き、冒険大好きだった私は、産後しばらく今までのような旅行は出来ないな…と思っていました。 子連れ海外も、小学生くらいになってからかな?一人旅なんてもう、遠い未来… でももし子供が問題ではなかったら、私は何をしたいだろうか? 自分を大切にし、自分のために選択すること。 ある朝気づきがやってきました。 「…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

ママも人生をもっと楽しもう!Abuse Hold効果

先日、Abuse Holdのセッションを受けにいらして下さった2児の母であるMさん。 Abuse Holdのセッション時にいろいろとお話をした中で、わたし自身の子育てで感じる制限やプレッシャーと、とても共通するものがありました。 特に「良い母親になるだろう」と周りから評価されていたタイプの女性は、実際に母親になると知らず知らずにうちに自分で様々なプレッシャーをかけることが多いです。 無意識に、良い…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

行き着いた気づきは「枠を作らない」アクセス・バーズ®

数年おきに人生の「変化」を感じるのですが、今年も変化の年だなと感じます。 先週は意識して、夫婦でアクセス・バーズ®のセッションをやりあいっこしました。 変化に抵抗していた部分が楽になったり、さらに変化を感じる出来事があったり、エネルギーの変化を実感したりというこの1週間ほどをすごしています。 先日、遠方よりアクセス・バーズ®のセッションを受けにいらして下さったAさんのご感想を紹介します。 変化を怖…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

SEXを重要視し過ぎているところはどんなところ?そして、何故?

「セクシャリティ」を腫れ物に触るように扱う時はありますか? 特に、SEXに関して下ネタとしてふざけて共有することがあっても、自分やパートナーがそれをどう感じていて、どのように伝えているか、理解しあっているか、合意がとられているか、尊重しあっているかはリレーションシップを創り上げていく上で重要なことだと僕自身思います。 なんとなく理解しあっているような、もしくは、そのテーマはタブーとして扱っていると…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

子育てが楽になる~わたしのAbuse Hold効果

アクセス・コンシャスネス®に出逢って、わたしは本当に子育てが楽になりました。 そしてついに一番根深いところが、Abuse Holdで解放されたように感じます。 子どもにイライラしたり怒ったりということは、アクセスのお陰で激減していたのですが、根絶に近い形になりました。 どういうときに、娘にイライラするか。 それはもう、分かっていました。 去年の5月、娘が2歳の誕生日を迎える前後、わたしはまだアクセ…
全文を読む