アーカイブ: アクセス・コンシャスネス®

アクセス・コンシャスネス®

メール交換であなただけの問いかけ集を

「問いかけの魔法スピリチュアル・コーチング」で特に人気のサービスは、日々のメール交換です。 寛子から毎日、メールでいくつかの問いかけをお送りします。 今変えたい状況や人間関係があれば、それについての問いかけもお送りしています。 可能性を広げ、氣付きを得るための問いかけ。 ライフパーパスを生きるための問いかけ、パートナーや恋愛についての問いかけ、 自分を制限するものに氣付き、クリアリングするための問…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

コトが動き出す問いかけの魔法

頭で分からなくて良いのです。 この世は全てエナジーで出てきているのですから、エナジーが動く問いかけをすれば、コトは動き出します。 そんな問いかけのパワフルな使い方を、みんな知らない・していないだけ。 情報収集するために質問する。 「○○するためには、何が必要?」 質問しているつもりで、自分や他人を詰問している。 「どうして、こうなってしまったのだろう?」 「これから、どうしたらよいのだろう?」 天…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

魔法に掛かってみませんか?

物事のエナジーを観て、見えない世界を仕事で扱うようになってから10数年。 魔法使いになったんだなぁと、改めて実感している寛子です。 正確には、子どもたちはみんな魔法使いなので…魔法を使えることを思い出したと言った方が良いかしら? まだスピリチュアルなサービスを始める以前(15年程前)から、コーチングでエナジーを扱うことを意識していました。 それが今や、魔法とコーチングが組み合わさったら、とーーって…
全文を読む
40代マタニティ体験談

問いかけの魔法で自分をたくさん発見する

もうすぐ第2期を募集開始する「問いかけの魔法スピリチュアル・コーチング」。 とても好評でしたので、さらにパワーアップさせての第2期を準備しています。 問いかけによって自分では氣付かないでいた、自分自身を発見できるという点も問いかけの魔法の醍醐味ですね。 つまり、自分自身がどういう存在かを知らないで、人生を生きている… それって、とても勿体ないことです。 あなた自身であるためにも、問いかけの魔法はと…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

人生を変えるツール、今ここから…

ゴールデンウィークが、終わりました。 最後の3日間は、アクセス・コンシャスネスの創始者ギャリー・ダグラスのChoice of Possibilities(可能性の選択)クラスと アクセス共同創始者ディン・ヒア博士のESC(エナジェティック・シンセシズ・オブ・コミュニオン)というセッションに参加してきました。 去年7月にギャリーが初来日した時も、同じクラスを受けていました。 それから10ヶ月の間にい…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

この春「トキメキ恋愛」シリーズが始まります

去年の10月から今年の2月にかけて、わたしとソウルメイトとの関係についてメルマガで時々書かせていただいたのですが、その反響が大きく。 各種セッションでも、ソウルメイトとの関係についてのテーマを扱うことがグッと増えました。 いつもは潤治が担当する恋愛講座も、寛子の担当だとどうなるでしょう? かねてより予告していました「トキメキ恋愛」シリーズ、始動しました。 人生を大きく動かすトキメキの力。トキメキを…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

いつもと違う選択をしてみない?

問いかけの魔法スピリチュアル・コーチング、その変化の早さを体感した人は、もう問いかけが楽しくてしょうがなくなります。 現在も3名同時進行で問いかけの魔法メール交換をしているのですが、日々の変化の報告をいただくことはわたしの楽しみのひとつです。 わたしからみても、想像以上の変化をされているのですもの! それでは、毎日の問いかけです。 『今日、自分らしくないことを選択するとしたら、何になり何をする?』…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

しつけも自己虐待に…親としてアンカーになれるか?

AQUA MIXTの得意な分野に、家族関係・親子関係があります。 私たちは無意識のうちに、親に対して嫌だと思っていたことを、子どもに対して自分もしてしまう。 「虐待」もその一つですね。 虐待を受けてきた子どもは、成長し親になると、自分の子どもに虐待をしてしまうという、負の循環。 これが繰り返されているのです。 確かに、本人にとっては虐待は嫌で嫌で、逃れたかったものだったはずなのに。 日本人の場合は…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

主人公はあなた自身☆禅問答も問いかけの魔法!

あなたは、どんな人生の主人公ですか? 先日セッションにいらした方に教えていただいたのですが、「主人公」とは元は禅の言葉なのだそうです。 禅でいう「主人公」とは、「立ち返るべき自分本来の姿」のこと。だから全体の中での相対的な役割(主人公とか、脇役とか、端役とか)のことではなく、言ってみれば「自分がしっかりと、なりたい自分になれているか」を確かめるための言葉なのです。 禅の世界では、「なりたい自分」は…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

それって霊障?!蕁麻疹のメッセージ(2)

三歳の娘・小葉(このは)が全身蕁麻疹になり、慌てて休日診療の小児科に駆け込んだ話は、こちら⇒「未完了がのっぴきならない緊急事項へ★蕁麻疹のメッセージ(1)」 薬を飲んで、夜は落ち着いて眠ったものの、次の日月曜日は念のため幼児園を休ませました。 何故かというと、次の日は園行事で「キッザニア職業体験実習」が控えていたからです。 この日は午後の私の仕事の間はお義母さんに、子守をお願いしていました。 しか…
全文を読む