アーカイブ: お金と喜び - ページ 4

お金と喜び

ライフワーク一歩手前の物語「バスに乗り遅れるな理論」

ライフワークを生きようとした時に僕のもとにさまざまな人間関係、機会が訪れました。 当時は「自分の人生を生きるとは、起業することだ。」と思っていました。 僕が出合ったネットワークビジネスはそれを推奨していたし、仲間たちはビジネスオーナーになろうと夢見ていました。 今では、自分の人生を生きるということにさまざまな視点を持ち、多くの許容ができているように思います。 僕自身を束縛するもの含めて、「素晴らし…
全文を読む

ライフワーク一歩手前の物語「目標設定の憂鬱(3)」

当時、「自分の人生を生きる!」なんてことを軽々しくも口にしてしまった僕でしたが、「目標設定」という魔法がそれを実現してくれるような氣がしていました。 ※前回からの続きです。 同じような夢や目標を持つ若者たちが集まり、ネットワークビジネスの可能性を熱く語り合っていました。 そのビジネスシステムはとても公平で、消費者を守るものでした。 システムが完璧だとしても、それを扱う人間次第でいかようにも変化する…
全文を読む
お金と喜び

ライフワーク一歩手前の物語「目標設定の憂鬱(2)」

自分の人生を生きるという格好の良い言葉に感化された僕でしたが、自分には何でも出来るという意識と、社会からドロップアウトしたという負い目が交互に押し寄せてきました。 宙ぶらりんの僕を何とか社会とつなぎとめてくれていたのが、「目標設定」というものでした。 前回からの続きになります。 目指している、向かっているという意識が僕の不安をかき消してくれるというわけです。 当時、引き合った仲間たちとともにその時…
全文を読む
お金と喜び

ライフワーク一歩手前の物語「目標設定の憂鬱(1)」

僕の「人生を変えるコース」は、火の粉を撒き散らすコースを選択し、違うコースを選ぶこともできたのですが、僕の中にある欠乏意識、セルフイメージの低さ、自己肯定感の低さがこのコースを選ばせることになったのだろうと省みて思います。 離婚、離職… 何も失うものがないと思っていた時でしたから、自分の人生を変えることにやる気満々でした。 それしかすることがないと言えば言えますが…。 静かな船出ではなく、周りに火…
全文を読む
お金と喜び

ライフワーク一歩手前の物語「その高揚感は何?(2)」

潤治のライフワーク一歩手前の物語。 前回の続きになります。 「このままでいいのだろうか?」 この問いを持つようになってから、人生は散らかり出しました。 人生を再構築したいと思っていながら抜本的な方法を見いだしていなかった僕は忘れていた夢を思い出し、その実現に向けて行動し始めました。 (写真はイメージであり、水本潤治本人ではありません) 起業というよりは、人生にチャレンジしてみたいという氣持ちのほう…
全文を読む
お金と喜び

ライフワーク一歩手前の物語「その高揚感は何?(1)」

ライフワークという言葉は、一般的でしょうか? 人生に喜びと安らぎを持ってエネルギッシュに生き、ワクワクするような仕事や活動をするというようなニュアンスで使われることが多いように思います。 ライフワークという言葉は、本田健さんの本で知りました。 当時、心が路頭に迷っている状態でしたから、本がボロボロになるまで読み込み、 自分もライフワークを生きようと思ったものです。 それ以前から、自分らしく生きよう…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

お金は何に集まるの?~ミーハーから導かれた人生の目的

「お金は、コンシャスネスのパーティーと楽しさの所にしか来ない」 Money only comes to the party of consciousness and fun. ギャリー・ダグラス(アクセス・コンシャスネス®創始者) アクセス・コンシャスネス®は、脳の断捨離アクセス・バーズ®のエネルギーワークが有名ですが、実はそれでだけではありません。 人生の様々なテーマを扱うバーバル・プロセス(言…
全文を読む