アーカイブ: ライフパーパス

スピリチュアル起業

起業するなんてヤバすぎる…世の中にはホラーストーリーがいっぱい

ある男のつぶやき… 僕はね、車は社会毒だと思ってる。 だってね、自動車事故発生件数は年間50万件にも及び、事故死者は4000人になるんだよ。 テレビでは自動車をかっ飛ばす爽快なコマーシャルをよく流しているよ。 そのたびに僕は思うんだ。 そうやって僕に危ない橋を渡らせようとしているなってさ。 コマーシャルはリスクをひた隠し、車がいかに便利で生活に必要不可欠なものであるかを認識させるために、多くのお金…
全文を読む
お金と喜び

キラキラ起業夫婦、インスタ映えする…

先日、キラキラ起業女子を取材したテレビ番組がありました。 Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)などのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)普及により、自分のキラキラと充実したライフスタイルを発信し、集客する女性起業家のことを「キラキラ起業女子」と言うそうです。 それに先駆けて、僕たちAQUAMIXTも「キラキラ起業夫婦」ということで、十数年前からやらせても…
全文を読む
お金と喜び

お金はリーダーシップに集まる… どんなリーダーであるかは重要?

お世話になったメンターに質問されたことがあります。 「水本くんはどんなリーダーになりたい?」 「世の中にはいろいろなタイプのリーダーがいるよね。俺について来いというリーダー、縁の下の力持ちのようなリーダー、奮起させたり、感動させたりするリーダー、笑いの絶えないグループを作るリーダー、あの人がいないと寂しいと思わせるリーダー…、どんなリーダーシップを発揮するかで、水本くんの周りに集まってくる人が変わ…
全文を読む
スピリチュアル起業

人生の変化の前は一時的な落ち込みを経験する?それが望むものなら望むほど…

野心に燃えていた30歳、寛子と出会う少し前のこと。 僕は人生を変えたいという思いに突き動かされてました。 学生の頃、心理学はお金にならないという誰かのもっともらしい価値観を言い訳に、僕は自分の魂が選択するものを選択しませんでした。 小学生の頃には、悩みや葛藤、悔しさや悲しみを一緒に分かち合って欲しい、そういう仕事のひとつにカウンセラーという仕事があると知りました。 大学を卒業し、「心理学はお金にな…
全文を読む
お金と喜び

かもかもテンションで「人生の不快から遠ざかるゲーム」を終わらせよう!

AQUAMIXT のオンラインサロンでも、オフ会(お話会)でも盛り上がった「かもかもテンション」。 人生を導いてくれるのは「意志の力」ではなく、「想像力」と僕自身は思います。 「かもかもテンション」とは、前向きな期待感です。 心理学では、「快と不快」で人は行動を選択すると言われます。 心地良いこと、楽しいことを求めて動くか、嫌なこと、不安や怖れから逃れるために動くか? 多くの人は不安や怖れから逃れ…
全文を読む
ハッピーライフ

むき出しの好きという気持ちを露わにしたら誰が責任取ってくれるんだ?

「好きを仕事に。」というキャッチフレーズを目にすることが増えました。 好きなことを仕事にできたら、素晴らしいし、毎日を感謝と愛情表現の場として仕事に従事できたら、それは素晴らしいことだろうと思います。 「好き」という言葉を定義し直す、またはイメージのすりあわせは必要かもしれません。 「好き」という言葉にその人その人の価値観は投影されます。 好きになったものが、壊れてしまったり、無くしてしまったり、…
全文を読む
ハッピーライフ

感情をこの世からなくしてしまったら、どんなに安らかな世界だろう…

先日、インディゴエンジェルグループワークショップを開催しました。 その優れた感受性で、生きづらい人生を創り出してしまっているとしたら? という問いを持ちながらのワークショップでした。 特に「感情のサイクル」を使ったワークは生きづらくする大きな要因を垣間見るものでした。 そして、その感受性が、暴走しやすくなるのが人間関係です。 人間関係の中で繰り広げられる「感情ゲーム」のおかげで、自分らしく生きる人…
全文を読む
ハッピーライフ

スピリチュアルの光と陰シリーズはオンラインサロンのZOOMセミナーにて

先日、zoomセミナーなるものを体験しました。 便利な世の中になってついて行けないのですが、寛子がいるおかげで、AQUAMIXT はさまざまな発信ができています。 先日、取り上げたテーマは「スピリチュアル業界の光と陰」でした。 数年前にライトワークスの講演でも話したことがありますが、チャレンジングな内容です。 この数年、「協会ビジネス」に関する問い合わせ、ご報告をいただくことが増えました。 協会ビ…
全文を読む
ハッピーライフ

恥ずかしいという氣持ちが、いつの間にか人生をロックする…羞恥心粉砕法

恥ずかしいという感覚はいつ頃から、自分のものになったのだろうかと思う時があります。 娘の小葉も4歳になり、恥ずかしがることも増えました。 そのタイミングは、全然こちらの予想に反するものが多く、同い年の子の前で裸になることを厭わないと思えば、近所の人に挨拶することを躊躇したり、恥ずかしがることもあります。 僕たちは大人になるにつれて、恥をいう感覚を手に入れていきます。 「もう、いい大人なんだから…。…
全文を読む
ハッピーライフ

僕のコンプレックスは僕ではない人たちの数だけ発生する

AQUA MIXT のオンラインサロンで、盛り上がっているテーマ、「コンプレックス」。 コンプレックスとは、「劣等感」を意味することが多いです。 精神分析の世界では、感情の複合とされる場合があり、抑圧している感情が複雑に現実世界に投影され、あたかもそれが現実であるかのように意識することを指すことが多いようです。 要するに、自分自身の感情を扱いきれずに蓋をしていたものがファンタジーとして表出し、現実…
全文を読む