アーカイブ: パートナーシップのために・・・

パートナーシップのために・・・

「奇跡の水」と呼ばれる素粒水の不思議(1)

先月、ひさしぶりに「素粒水ランチ会」を開催しました。 すでに素粒水浄水器をを使っているユーザーさん、素粒水に興味のある方をお迎えして、素粒水を使った食べ比べやランチをいただく、ただ素粒水の恩恵に与る会です。 「奇跡の水」と呼ばれる、素粒子エネルギーをもった素粒水。なぜか、水と牛乳・豆乳だけでヨーグルトが出来てしまう発酵させる水。 他にもその素粒子エネルギーならではの、ミラクルがたくさんあるのです。…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

パートナーとの関係も変わる問いかけの魔法

今回はYさんが「問いかけの魔法メール交換」の中で、体験したことを時系列に紹介させていただきます。ご自身でも日々問いかけを実践され、人生の様々な分野の変化のキッカケになったようです。 その中でも特に、夫婦関係の変化は劇的でしたね。 1週間のやり取りの中から抜粋して紹介しますね。 何よりも、身近な人間関係に変化があるのも、問いかけの魔法です! 問いかけを手にするだけで、誰もが魔法使いになれる。天使にお…
全文を読む
パートナーシップのために・・・

パートナーシップは自分である理由を教えてくれる

今でこそ、多くの恋愛や結婚に関する講座、癒しのポータルサイト「COCORiLA ココリラ」にての寄稿、パートナーシップについてのご相談を受けるようになりましたが、若かりし頃の駄目さ加減は恥ずかしいものであり、今紡ぐ言葉の数々もおこがましいと言える経験もたくさんしてきました。 パートナーシップや結婚、恋愛をどのように感じていますか? 僕の1度目の結婚は、自分を理解してくれて、助けてくれて、愛してくれ…
全文を読む
パートナーシップのために・・・

遠回りこそがあたしの最短の道 万能ツールになびく心

前回の記事の反響に驚きながら、メルマガでも書かせてもらいましたが、内側のコミュニケーションが外側のコミュニケーションを創り上げていくと僕自身は思います。 自分の内面で起こっていることが、そのまま現実世界に表出されていくというわけです。 ですので、現実が自分の氣にいらないものであるなら、その現実を変えようとする代わりに、自分の内面を変えていく努力をしたほうが良いのではないか?と僕は思います。 【人生…
全文を読む
パートナーシップのために・・・

パートナーがもたらす平安な世界

今週末にライトワークス五反田本店2階で、「カードリーディングステップアップ講座」の講師を寛子と共に担当します。 十数年前には、とても描けなかった絵です。 当時は、生活していくので精一杯だったし、人生のパートナーである前に、生活のパートナーにもなれないお互いの「違い」に困惑する日々でした。 全く違う価値観のふたりでしたから、「信じられない!」「なんで?」の連続でした。 ほんの些細な日常のやりとりが、…
全文を読む
スピリチュアルな旅

日々の信頼する姿勢はコツコツと積み重なる「奇跡、チョロいっしょ!(爆)」

自分がいかにできないかということを知れる機会はとても貴重だと思います。 なんとなくできているつもり、誰かの助けでできていること、あえてしないで済んだこと、避けてきたことなど。 あえて〇〇することで、自分がいかにできないか、苦手か、嫌いか、がハッキリとする機会があります。 先日、ひとり旅で台湾に行きました。 AQUAMIXT が主催していたスピリチュアルツアーも、 僕のほとんどの海外旅行も、寛子が計…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

変わっていくあなたの姿、どんな形よりも愛しい?

先日、9月24日(土)に アクセス・バーバル「セクシャリティとリレーションシップ」が開催されました。 セクシャリティと向き合うことは自分の「受け取る」姿勢を直視することになると僕自身は感じています。 それをパートナーは応援してくれますか? 例えば、セックスなら身体を使って相手とつながることになります。自分の身体とつながっていない者同士がセックスという手段を使って相手を理解しよう、与えよう、慈しもう…
全文を読む
パートナーシップのために・・・

これ以上、君を傷つけることはできない…僕はLonely Butterfly

娘の小葉(このは)と妻の寛子。 このふたりは僕をのっぴきならない状況に追い込むことがあります。 こういう言い方をするのは、僕の培われた「被害者意識」のなせるワザなのです。 先日、寛子と小葉がベランダで炎が少ない線香花火をしていました。 夜風が強く、ベランダで花火をするなんてご近所の迷惑ではないか?と思いながらも、 ふたりの楽しそうな雰囲気に強くも言えませんでした。 ふたりの楽しもうとする意志の前に…
全文を読む
パートナーシップのために・・・

好きが仕事になる寛子&好きを自覚しない潤治のライフパーパスの道

先週は、下北沢で「エンジェルリーディングカフェ」開催。本当に久しぶりの、外で開催するエンジェル企画でした。 配付資料やおやつを用意しながら、隣で潤治がつくづく 「寛子って。すごい、天使愛だよね。」 とつぶやいていました。 わたしはとにかく嬉しくてしょうがなく、天使と羽の形のヴィーガンクッキーを大量に焼きました。 天使と羽は細かいデザインなので、型を抜きづらく普段は使わないもの。 とても面倒なのに、…
全文を読む

怒りを呼び出したら、どうなる?パットナーシップが成長する?

先日、アクセス・ボディ・プロセス「怒りの呼び出し」を開催しました。 アクセス・コンシャスネス®・ボディプロセスには、怒りやイライラなどを扱うものがあります。 世間体・体裁を気にする日本人に向いているボディプロセスだと感じています。 怒りは僕たちの本当の気持ちをひた隠し、混乱させますが、それを出さないほうがいっそう辛いことになるように僕自身は思います。 それか「感情の死」を迎えるように思います。 パ…
全文を読む