アーカイブ: ヘルス&ビューティ - ページ 4

アクセス・コンシャスネス®

繊細な感覚を持つアースエンジェル、ヒューマノイドに心地よい変化をもたらす「回路」

潤治から「アクセス・ボディ・プロセス「回路」 僕にとって神だった」にてアクセス・ボディ・プロセス「回路」の紹介があったので、私からも紹介しますね。 エンジェル・セラピー®︎では「アースエンジェル」、アクセスでは「ヒューマノイド」と呼ばれている敏感な感覚をお持ちの方には、とても効果的なエナジーです。 アースエンジェルと呼ばれる人たちの中には、いわゆる発達障害… ADHDやADD、自閉症、強迫神経症な…
全文を読む
アクセス・コンシャスネス®

アクセス・ボディ・プロセス「回路」 僕にとって神だった

卒業シーズンになり、さまざまな楽曲が僕の心の中に流れてきます。中学生の時は斉藤由貴、菊地桃子、チェッカーズ、尾崎豊の多大なる影響を受けました。いったい何を卒業するのだろう?とチェッカーズばりに思っていました。 人は「物語」を必要としているのか? さて、いかに格好の良い自分でいるかに比重が年々増加していった中学生~高校生にかけて僕の食生活は異常に乱れました。 エースコック スーパーカップ倍が主食にな…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

似て非なる日本とフランスの食品ロス問題

食の問題については、並々ならぬ情熱がある私たち夫婦です。 今年の節分は、潤治も不在、実家の家族は父の入院でそれどころではなく、特にイベント無しでした。今や節分といえば、豆まきよりも恵方巻?これはコンビニが仕掛けたもので、由来も関西のある風俗の遊びということは今年になって知りました。 そしてその恵方巻、節分が終わると大量に売れ残りが廃棄されることとなりました… 食の自給率が4割未満の日本、しかし一方…
全文を読む
AQUA MIXTへの感想

世間の美の基準から解放され、ありのままへ・・・

2015年の一時期、海外セレブの「すっぴん公開ラッシュ」があったのをご存じですか? Instagramやflickrなど写真投稿サイトが人気ですが、そこで自身のアカウントにてすっぴんを公開する女優、モデルたち。「プリティ・ウーマン」のジュリア・ロバーツ、「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「アベンジャーズ」のスカーレット・ヨハンソンなどなど・・・ 参考リンク:これガチだわ…!海外セレブが「す…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

いのちをたべる(5)

こんにちは。寛子です。 かな~り、間が空きましたが「いのちをたべる」シリーズの完結編を書かせていただきます。 いのちをたべる(4) では鶏のプリマちゃん、レッドちゃんの最後を全員が、静かに祈りに似た気持ちで見守りました。そして彼らの気持ちを充分に受け取った後は… まず、羽根をむしります。 お湯につけると羽根が取れやすくなるので、お湯をかけながらどんどん羽根を取っていきます。 親子で参加された方がい…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

いのちをたべる(4)

こんばんは 寛子です。 少し間が空きましたが「いのちをたべる」シリーズの続きを書かせていただきます。 みんなが静かに見守る中、逆さに吊るされ頸動脈を切って放血が行われていた鶏の気持ちを、私は感じていました。 あとで飼い主のだいごから、絞める2羽を選んだいきさつを聞いた時に、なるほどと納得がいきました。 死への怖れはなくただ運命を受け入れているプリマちゃん、生への執着から抵抗を続けるレッドちゃん、こ…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

いのちをたべる(3)

こんばんは 寛子です。 いのちをたべるの続きを、書かせていただきます。 みなさんからいろいろな感想をいただき、次も書こうという勇気になります。ありがとうございます。 それでは今日は、ニワトリ捜索の続きから・・・ 庭や建物の下などを逃げ回ったニワトリ。しばらくみんなで追い掛けていました。そしてもう、建物の下で籠城か?と思いましたが、最終的には犬に追い立てられ、ちゃんと自ら鶏舎に戻ってきました。 そし…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

いのちをたべる(2)

寝不足です・・・寛子です。睡眠4時間もとれませんでした 何故って昨日の「いのちをたべる(1)」を書いたら、天使たち、妖精たち、精霊たち、大喜びで寝かしてくれないの タブーと言うのは、古来から権威にとって不都合な真実が偽られていることが多いです。 例えば、「4」、「9」、「13」は縁起が悪い数字と言われますが、実はパワーある数字だからこそ一般人が使わないようにと、タブーとして封印されたという話もあり…
全文を読む
ヘルス&ビューティ

いのちをたべる(1)

こんばんは AQUA MIXTの寛子です。 度たび書いていますが、私の守護天使(かなり大きい男性)はとても厳しい・・・ 「なんでそんなに、コワイ天使が後ろにいるの~」と友人に言われたことも。 でもお蔭さまで彼の指令の元、泣きながら自分の一番辛い経験「夜明けのレッスン」を書きました。 これもまた、近々再開予定です。ぅぅっプレッシャーが・笑 世の中のいろいろなタブーについて考える機会が多く、これについ…
全文を読む