作者アーカイブ: 水本 潤治

ハッピーライフ

信じ続けるのはタフなこと?「秋分」

人と出会い、その人を信じ始めると、いつの間にか、自分の価値観や感覚でその人を自分が思う「その人」にしてしまうことがしばしばあります。 その人と真につながっている感覚がして、ひとつになれたような氣持ちになることは、とても至福な時です。(勘違いワンネス・独りよがりワンネス) そして、創り出した「その人」をあたかも真実のように信じ始めます。 しかし、自分が思う「その人」とは違う言動に戸惑うこともあるでし…
全文を読む
ハッピーライフ

むき出しの好きという気持ちを露わにしたら誰が責任取ってくれるんだ?

「好きを仕事に。」というキャッチフレーズを目にすることが増えました。 好きなことを仕事にできたら、素晴らしいし、毎日を感謝と愛情表現の場として仕事に従事できたら、それは素晴らしいことだろうと思います。 「好き」という言葉を定義し直す、またはイメージのすりあわせは必要かもしれません。 「好き」という言葉にその人その人の価値観は投影されます。 好きになったものが、壊れてしまったり、無くしてしまったり、…
全文を読む
ハッピーライフ

僕の「無意識に自分に強いていること」は周りにプレッシャーを与えている

「頑張ることを手放す」という言い回しもスピリチュアル業界ではよく目に耳にします。 頑張ることを手放すと自己受容が進むという感じでしょうか。 だらしなくてもいいじゃない?ありのままのあなたでいいじゃない?等身大のあなたも素晴らしい。みんな違ってみんな良い!どんなあなたも完全な存在です。 どんな自分を受け入れるということはとても大切だと僕自身も思います。 自分自身を受け入れている人が周りに与える安心感…
全文を読む
ハッピーライフ

好きなこと貫けるほど、タフじゃない… だって調教済みだもの

AQUAMIXTのオンラインサロンで動画配信した「得意なことと好きなこと」をテーマにした寛子とのトーク、 多くの反響をいただきました。 とてもありがたい限りです。 動画で、僕は格好つけて(つもり)、「好きなら貫けよ!」と丹下段平よろしくダミ声で発していましたが、その好きを貫くほどタフじゃない自分がいることも知っています。 そもそも、その好きって本当に僕のものなの?僕の感覚は大丈夫?好きと言いながら…
全文を読む
ハッピーライフ

信じ続けるのはタフなこと?「盛夏」

以前、「信じ続けるのはタフなこと?」という短編の物語を書きました。 もう、7年前のことです。 →「信じ続けることはタフなこと?」シリーズ 物語に出てくる「彼」は、自分の望みを知り、行動を起こし、その望む未来を前にしながら、その未来を信じることができませんでした。しかし、それは誰にでもあることで、幸せな自分よりも不幸になっていく自分のほうがしっくりすることもあります。 「受け取ること」という手垢のつ…
全文を読む
ハッピーライフ

信じ続けるのはタフなこと?「梅雨」

以前、「信じ続けるのはタフなこと?」という短編の物語を書きました。 もう、7年前のことです。 →「信じ続けることはタフなこと?」シリーズ 物語に出てくる「彼」は、自分の望みを知り、行動を起こし、その望む未来を前にしながら、その未来を信じることができませんでした。しかし、それは誰にでもあることで、幸せな自分よりも不幸になっていく自分のほうがしっくりすることもあります。 「受け取ること」という手垢のつ…
全文を読む
ハッピーライフ

感情をこの世からなくしてしまったら、どんなに安らかな世界だろう…

先日、インディゴエンジェルグループワークショップを開催しました。 その優れた感受性で、生きづらい人生を創り出してしまっているとしたら? という問いを持ちながらのワークショップでした。 特に「感情のサイクル」を使ったワークは生きづらくする大きな要因を垣間見るものでした。 そして、その感受性が、暴走しやすくなるのが人間関係です。 人間関係の中で繰り広げられる「感情ゲーム」のおかげで、自分らしく生きる人…
全文を読む
ハッピーライフ

スピリチュアルの光と陰シリーズはオンラインサロンのZOOMセミナーにて

先日、zoomセミナーなるものを体験しました。 便利な世の中になってついて行けないのですが、寛子がいるおかげで、AQUAMIXT はさまざまな発信ができています。 先日、取り上げたテーマは「スピリチュアル業界の光と陰」でした。 数年前にライトワークスの講演でも話したことがありますが、チャレンジングな内容です。 この数年、「協会ビジネス」に関する問い合わせ、ご報告をいただくことが増えました。 協会ビ…
全文を読む
ハッピーライフ

恥ずかしいという氣持ちが、いつの間にか人生をロックする…羞恥心粉砕法

恥ずかしいという感覚はいつ頃から、自分のものになったのだろうかと思う時があります。 娘の小葉も4歳になり、恥ずかしがることも増えました。 そのタイミングは、全然こちらの予想に反するものが多く、同い年の子の前で裸になることを厭わないと思えば、近所の人に挨拶することを躊躇したり、恥ずかしがることもあります。 僕たちは大人になるにつれて、恥をいう感覚を手に入れていきます。 「もう、いい大人なんだから…。…
全文を読む
オラクルカード

【動画】日本人向けの願望実現方法とは?☆大天使パワータロットカード

寛子と潤治の掛け合いリーディング動画。 目標設定をして、その現実化のためにアファメーションをする場合がありますが、そのアファメーションをすればするほど、猜疑心や怖れ、不安が増大し、叶わないことってありませんか? あなたの願望をイメージして下さい、とビジュアライゼーションを自分に強いるほど、できない自分にダメ出しし、自分には強い欲求が無いからだと自責し、自分を追い込み、願望の実現化をあきらめることが…
全文を読む