空間-Access Body Process

このプロセスのテーマは「スペース/空間」です

体が収縮したり、緊張したり重く感じたりはしていませんか?
体は物質的なものだから物質なものとして扱わなければならないと決めつけていませんか?
もしあなたがどこまでも本当は広がる空間として存在出来たらどうでしょう?
そしてそうさせてない所を解放出来たら?

「空間」とは定義付けができないものです。
そして何かを私たちが定義付けする時そこには制限が生じます。空間となり空間を持つという事は気づきがそこにあるという事です。大自然の中で安らかさ、そこにある素晴らしさに何のジャッジメントもなくただその美しい瞬間瞬間に身を委ねた事やありませんか?
例 えば、のんびりと海の上に浮かんでいる時、森林の中で木々の間の木漏れ日や草木の香りを感じる時。その時体はとても安らかです。

そんな感覚を日常でも味わえたらどうでしょうか?

物理学では物質の99.9999999%は「空間」だと言います。という事は、空間があるという事はそこに周りのものに対してのバリアはもはやあり ません。体も、木々も、建物も全て一緒で一つ。
ワンネスを感じてみたい。体を持っていても自分という存在がどこまでも広がる空間という事を知りたい方には お薦めのプロセスとなっています。

関連記事

  1. 往復次元-Access Body Process

  2. 全ろうの呼び出し-Access Body Process

  3. BMM(生体模倣)-Access Body Process

  4. イグジット・ステージ・レフト(死のプロセス)-Access Body …

  5. MTVSS-Access Body Process

  6. マイナス1の二乗根(スクエアルート・オブ・マイナス1)

  7. 遺伝的で強制的な疾患の消去と根絶のためのソースフィールド-Access…

  8. すべての感情的な強度の根絶と希釈&エンボディメントの歓びの復…

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧