タイジング~豊かさの10分の1を分かち合う~

こんばんは夜 寛子です。
今日は立春ですが、今夜の冷え込みはいつもより厳しいですね。
set1.jpg現在30名以上の有志の方々と取り組んでいる「人生の豊かさを手に入れるためのワーク 」。
22日間のプログラムですが、本日は17日目。
終盤に差し掛かっています。
mixiのコミュニティでみなさんと気付きや疑問を共有しながら進めていますが、私自身(すでに10回以上取り組んでいるプログラムですが)またいつもと違った気付きと学びがあります。
今回一緒にスタートを切ったみなさまに、感謝の気持ちでいっぱいですハートたち(複数ハート)
自分のステージに合わせて、違う学びがある深いワークなのですね。
人生の豊かさに取り組む時に大きなテーマになるのは、自分の人生に対する「信頼」とも言えます。
その信頼を行動で示す方法の一つに、数多くの成幸者が実践している
「タイジング(1割寄付)=豊かさの10分の1を分かち合う」
という習慣があります。

『豊かさのエネルギーの流れに乗りたいと本当に乗りたいと思うならば、自分自身が「大いなる全体性」の一部であると見始める必要があります。
そのための方法の1つは、自分の持っている富の10分の1を人と分かち合うことです。分け与える量は重要ではありません。それを定期的に続けることが大切なのです。』
(22日間で豊かさを得るプログラムアバンダンスプログラム [第3版]より抜粋 )

私が「タイジング」という言葉を知ったのはアバンダンス・プログラムのエクササイズでしたが、豊かさの10%を分かち合うという話は以前から知っていました。
潤治がボロボロになるまで何度も読んでいた、本田健さんのベストセラー「ユダヤ人大富豪の教え」。

ライフワークを歩むためのヒントが満載で、ミリオネアメンタリティ(豊かに生きるための世界観)の多くをこの本から学びました。
この本の中で、ユダヤ人大富豪のゲラーさんがお金の5原則を若かりし頃の健さんに語っています。

お金の5原則の中の 【5.分かち合う】
「・・・昔から、アメリカの富豪は、その富を社会に還元することを大切に考えていた。ロックフェラー、カーネギー、フォードなど、財団を設立して、毎年多額のお金を社会に還元している。私は、金持ちになる究極の目的は分かち合いにあると思っている。社会に才能を分かち合う事で得たお金を、社会に還元していく。このことで、初めてサイクルが完結するんだよ。」
「僕も将来、お金持ちになったら、寄付したいと思います」
と言うと、
「そういう言い方は避けた方がいい。金持ちになった連中は、お金のなかった頃から収入の10%を寄付していた。『お金持ちになってから寄付しよう』という言葉の裏には、今は自分にはその余裕がないというメッセージが隠されている。つまり、自分には富を生みだす力がないと宣言していることになる。もし、言うなら、『人と分かち合うことで僕はますます豊かになる。自分には無限の富を生み出す力がある』と言いなさい。」
・・・
(本田健著「ユダヤ人大富豪の教え」)

私たち夫婦が独立したばかりで貧乏だった時、自分たちの将来の豊かさを信頼しきれず、毎月慈善団体へ寄付していた月々の数千円すら、惜しくて払えなくなってしまったこともありました。
「もっと生活が楽になったら、また毎月の寄付を再開しよう…」

そんな風に思っていたのです。
将来と現状の経済状態に対する怖れから、分かち合う事を諦めていました。
けれども、収入の額に関係なく10%を分かち合う事が大切だったのです。
そして、自分たちの夢を生きる、ライフワークを生きる、ということにとことん向き合う中で、豊かな人生を送るためには、お金を分かち合うことだけではない、大切な原則を学びました。
自分たちの才能、人々に貢献出来ることを分かち合う事こそが、ワクワクで豊かなライフワークを生きる原点だと、何年もの思考錯誤を経てたどり着いたのでした。
自分たちの理想を追求し、好きな事を突き詰めていくことで人々に貢献出来る、ライフワークを見つけることが出来るのです。
分かち合いたい、大好きな内容を元にワークショップやセミナーを企画させていただいています。
自分たちの体験から学んだことを、スピリチュアルな存在からのメッセージを、ワークショップや個人セッションで分かち合う事で、その方の人生が好転するかもしれない、きっかけとなる場を共有させていただいています。
ライフワークを歩む勇気の一歩を踏み出す頃に、出逢った本を紹介します。
宇宙の無限の豊かさを、天使たちのサポートを、信頼する勇気の一歩を支えてくれた本です。
魔法のように願いが叶う14の方法―毎日がステキに変わる、スピリチュアル・レッスン」(バーバラ・バーガー著)
この本にも、タイジングの大切さが紹介されています。

タイジング(1割寄付)はあなたから宇宙への「贈り物」です

タイジング(1割寄付)も昔からある、豊かさを約束する強力な方法です。これもまた十という繁栄力に由来したものです。
タイジングの場合は、あなたがすでに受け取った金額の10パーセントを宇宙に返すのです。十分の一を形として、つまり宇宙の豊かさを信頼し、感謝している「しるし」として返すのです。
タイジングのパワーについては、聖書を始めとして多くのスピリチュアルな本の中で触れられています。裕福で成功した人々の生涯を調べれば、彼らの富や経済的安定は、生涯続けたタイジングの習慣のおかげであることがわかるはずです。
伝統的には、タイジングはその人にスピリチュアルなインスピレーションを与えたり指導してくれたりした個人、または団体に贈られます。
数多くの報告によると、タイジングをしている人は常に経済的困難から免れています。それは、収入の十分の一を豊かさの源に返すことにより、「宇宙の豊かさを信じている」ことを表明しているからです。
宇宙はこの信頼に必ず応えてくれます。なぜなら、宇宙はいつも「わたしたちが心の底から信じていること」を現実化してくれるからです。・・・
いかなる場合でも、あなたのもとへは、さまざまな無限の経路から豊かさが供給されるでしょう。

あなたが宇宙に贈ったエネルギーは、10倍にも100倍にもなって返ってきます。
"Give & Recieve" 
与えることに集中し、様々な無限の経路からもたらされる豊かさを受け取ることに集中しよう。
(詳しくは「プレゼント上手になろう☆X'mas」)
最初は少ない額から…出来るところから始め、何年もタイジングを続けてきて、今感じていること。
自分の理念と100%合致している団体に寄付したほうがいい…
人の想いに共感し、人が集まる。
そのような創造の場を、この1,2年考えるようになりました。
同じ想いを持っている人、似た想いを持っている人、実は自分が考えているよりもずっとたくさんいるはずで。その一人一人の想いを、同じ方向に向けることが出来たら、大きな力になると思うのです。
自分の想いを発信すること、これも大切な「分かち合い」なのですね。


ハートAQUA MIXTが共感したチャリティーイベントのご紹介ハート

望月俊孝×サニー久永×飯島敬一×クリス岡崎

関連記事

  1. 目の前の宝箱、開けてみませんか?

  2. チャリティWS義援金のご報告

  3. 無駄かもしれない…と思うまえに。

  4. もう、その部屋から外に出ようと思えるなら

  5. 電話セッション☆感想(5)

  6. つもりーとつもらー イメージのすりあわせ大事

  7. その家族のもとに生まれたのは なぜ…

  8. 愛情ベースでものを見ると、世界が変わる

過去記事一覧