失くしてわかる自分にとって大切なもの~パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び第25回

2014/4/2 ココリラにて初掲載
癒しのポータルサイト「ココリラ」にて、過去5年間で全83回の長期連載を担当していました。
ココリラリニューアルにより過去記事が参照できなくなったため、当サイトに順次掲載していきます。
※下記記事の時間軸は、2014年当時のままの表記になっています。

AQUA MIXT ではパートナーシップについてのカウンセリングやレッスンをしています。
それは僕たち夫婦の試行錯誤や葛藤が恩恵と姿を変えてくれたおかげです。
こうしてパートナーシップについて執筆できるのもその恩恵のひとつです。
お互いにヴィジョンを共有しあい、すりあわせながら進む人生は時に苦しみ悩むこともありますが、それは人生の色合いをとても鮮やかにしてくれます。
その優先順位を変えない姿勢が人生をよりシンプルにするように思います。

今回はその優先順位が混乱していた僕の話です。

ある昼下がりの、暖かい陽の光が差し込む部屋で、寛子が娘の小葉を抱きながら日向ぼっこを楽しむかのように微睡んでいました。
娘の小葉は時たま思い出したかのように目を開けては母親の顔を見て微笑み、その笑顔を見た寛子もゆっくりと微笑みかえしていました。
そこには温かい時間が流れ、穏やかでした。

「今、ここ」という言葉があります。

精神世界、自己啓発、スピリチュアルな本などを読むと目にする言葉です。
心理学だと、ゲシュタルト療法のワークなどに紹介されます。

僕たちが感じられる瞬間、瞬間は、「今・ここ」にしかなく、その感情を大切にするということでしょうか。
ですが、人は過去の失敗を後悔することや思い出に浸ることに今という時間を使い、まだ何も分からない未来にあれこれ不安になることで今を過ごすことが少なくありません。
そうした思考の癖は人生を複雑にして行動力や気力を奪うように思います。
予測を手放し、今の感情に従うというのは勇気のいることかもしれませんね。
そして、「今、ここ」にいる感覚は人生をシンプルにしていくように感じています。
母親である寛子と娘の小葉が僕に教えてくれたこと…

・大切なものを一番大切にすることの大事さ
・2度と戻らない瞬間を大切にすることの素晴らしさ
でした。

その人にとって大切なものは、失くしてしまってから気づくことが多いです。
失くしてから、大切なものだったと気づいてはもう遅かったりします。

身近にありすぎて、その大切さに気づけない…失くしてしまってから、その大切さに気づくもの。
あなたにとってそれは何でしょうか?

20代後半に、心の中にある「こういう人生をおくりたい」という思いから、
「人を癒すこと」のためにできることを探し出します。

心理カウンセラーになりたいと学生の頃に思っていたので、その手段はすぐに決まりました。
その後、整体などの手段も見つかり、僕のオリジナルの「癒しの表現」を作り始めました。

ずっと心の奥底にあった思いをその頃のパートナーであった奥さんに
「僕は、人を癒す心理カウンセラーになるんだ!」
と意気揚揚と伝えていました。

その時の奥さんは何か含むものがあったようでしたが、僕の応援をしてくれました。
何か言いたそうだった彼女の機会を奪うほど、僕の決意は熱すぎました。

仕事をしながら学ぶので、とても忙しく、
奥さんとの時間、コミュニケーションは次第に少なくなりました。

「僕が自分の人生を生きることを彼女も喜ぶだろう。」
「この決意は彼女のためでもある。」
そう言い聞かせながら、熱い決意のもと行動していったのでした。
奥さんとの意思疎通は出来ているつもりでしたから、コミュニケーションが減ることはあまり重要ではなく、自分の未来をどうしていくかに心の大部分は占められていました。

模擬カウンセリング・勉強会・交流会と称した飲み会…など、
僕の時間はすべて未来のために使われることになりました。

時間銀行に「今という時間」を預けて未来のためにどんどん忙しくなりました。
その忙しさこそ、人生の充実感だと僕ははき違えていたわけですね。

忙しさにかまけて奥さんと向き合うことも少なくなり、
時が経ち、ふたりは離婚することになりました。
猛烈な挫折感が僕を襲いました。

人を癒す心理カウンセラーになりたい…と思う前に、
自分にとって何が一番大切なのか感じられる人になろう
と思うべきだったのかもしれません。
「一番大切な人を一番大切にせずに何を僕は大切にしていたんだろうか?」

その痛みがあるせいで、今の僕にとって優先順位が変わることはあまりありません。
世間の価値観で「幸せに見える」ものが僕に当てはまるとは限りませんし、その逆もあります。
一番大切な人を一番大切にする人生をおくれているだろうか?
今、寛子とのパートナーシップを通じて、その資産価値は無限大と思えるのはそういった学びがあったからなのかもしれません。
昼下がりの暖かい日差しの射す部屋で思ったことでした。

あなたにとって一番大切なものは何でしょうか?
それを一番大切にしていますか?

関連記事

  1. 夫婦喧嘩のステージでもたらされるものは違う

  2. その価値観は許されている

  3. 相手を責めたい気持ち あぶりだされる感情

  4. 「奇跡の水」と呼ばれる素粒水の不思議(1)

  5. 変わっていくあなたの姿、どんな形よりも愛しい?

  6. 才能を開くパートナーシップ~パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び第1…

  7. インディゴチルドレンの伴走者(2) 高い理想と…~パートナーと紡ぐ、ス…

  8. 夫婦セッションで見てえてくるもの

過去記事一覧