2019年1月7日デトックスランチレッスン「そもそも重ね煮編」

重ね煮って何?

マクロビオティックで語られる重ね煮は、陰陽論を用います。

野菜が持つ自然の「うまみ」を最大限に発揮する料理法であり、
無水調理のため、日持ちもする嬉しさ。
アクすらも野菜の個性であり、うまみに変わる。

大量の野菜がタッパーひとつに収まるので、冷蔵庫を占有することもない。
控えめな姿勢ながら、さまざまな料理に変化するそのポテンシャルに際限がない。

今回はそもそも重ね煮をどう活かすのか?をテーマに深遠なその世界に足を踏み入れます。
重ね煮という魔法を使いこなしましょう。

  • 重ね煮カレー
    重ね煮を作っておけば、玄関開ければ5分でカレーの出来上がり
    タマネギ・人参をこんなに胃の中に入れる機会はあるでしょうか!
  • 重ね煮ミーソソース
    ミートソースのような濃厚さ、日本の叡智「味噌」との組合せで料理の新世界を探訪
    パスタにリゾットに、ミーソソースがあなたの献立をサポート
  • ゴボウの重ね煮
    青森産ゴボウの旬は12月~3月上旬、その旬の味を最大限に活かす重ね煮
    ゴボウのありのままの個性が重ね煮によって開花
    作り置きに便利であり、ゴボウを食べる民族しての誇りを感じる逸品
  • 重ね煮ドレッシング サラダ
    ピエト○ドレッシングが自宅で作れる!
    爽やかな芳香、濃厚な味わい、無添加のドレッシングが3分であなたのもとに…

お鍋の中に小宇宙を作り出すと言われる重ね煮、その料理方法でさまざまな料理を創造しましょう。
野菜を摂ることが簡単にできることを実感するレッスン。

2019年1月7日(月)デトックスランチレッスン「そもそも重ね煮編」

担当:水本潤治(菜食料理研究家 ローフードマイスター認定校 校長)

日程:2019年1月7日(月)10時半~13時半(開場10:25~)

場所:多摩市聖ヶ丘キッチン&ダイニング(最寄り「小田急・京王永山駅」)

持ち物:筆記用具 ハンドタオル

定員:4名さま

レッスン費用:3,500円(縁)

内容:

菜食料理のコツをつかむ
野菜の目利きを学ぶ
菜食料理の作り置き、段取り

こんな場合におすすめ:

できるだけ野菜を摂って健康に気をつけたい
野菜料理のイメージとレシピが思いつかない
野菜だけで食欲が満たせるならそれに越したことはない
身体に優しい食事を心がけたい
…などなど。

菜食料理を献立のひとつの選択肢にすることで、体調や精神状態は変わっていきます。
菜食料理はコツをつかめば、後は簡単です。

※【お申込から当日の流れ】はこちら

お申込みボタン

関連記事

  1. 満席*2018年9月17日(月・祝)アクセス・ギフレシ会

  2. 2019年1月25日(金)ソウルメイトと出逢うために「いい人卒業!」ワ…

  3. 2018年9月2日(日)アクセスイントロ「より多くの時間、お金と歓びを…

  4. 2018年10月26日(金)オラクルカードセラピスト養成講座「スピリチ…

  5. 2018年9月1日(土)マヤ暦*13の月の暦☆コズミック・ダイアリー入…

  6. 2019年1月24日(木)エンジェルワーカー魂の羅針盤「オーラリーディ…

  7. 2018年12月22日(土)素粒水ランチ会「野菜を食べよう!」

  8. 2018年9月19日(水)オラクルカードセラピスト養成講座「入門編」

過去記事一覧