パートナーシップでは常にすり合わせが必要〜パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び第16回

AQUA MIXTでは僕が担当する「恋愛処方箋☆セキララレッスン」という限定サービスがあります。

恋愛はとても素晴らしい機会だと思います。
普段は気づかない自分の姿を等身大で見られるからです。

パートナーシップを紡いでいく時も、さらに多くの等身大の自分を知る機会を得ます。
関係が深まるにつれて、自分を飾り続けることが難しくなるからです。

そして、その人のことが好きであるほど、「好きという気持ち」をすり合わしていくことになります。
すり合わせる方法も、気をつけないと別れの原因になる可能性があります。

君だって、あなただって、という言い合いに発展するかもしれません。

「好きという気持ち」をどう表現するのか、どう表現されたいのかを、素直に飾らずに相手に要求できるとパートナーシップの新たな局面に行くと感じます。

そのすり合わせにおけるコミュニケーションの質が、その人の対人関係にまで影響を与えます。
コミュニケーションとは、相手を理解することではなく、相手と理解しあうことですから、思いやりと伝える勇気が必要です。
理解しあった安心感はその人を穏やかにしてくれると思います。

パートナーとする本心からのコミュニケーションがもたらす安心感は、人生にもたらす恩恵を考えるととても大きなものだと感じています。
その人の内面が安心感に満ちていたら、外界にもそれが投影されます。

ですので、パートナーシップは恋愛だけに限らず、すべての人との「つながり」に影響を与えると言えます。

では、ここで自分自身の棚卸しをしてみます。
「好きという気持ち」=「愛」として。

言葉で “愛” なんて表現するととても素敵なものに見えてしまいますが、愛とは何なのでしょうか?

あなたにとっての愛とは何でしょうか?

◆その人のために犠牲になることが愛
どうぞ、僕を踏み台に…。

◆その人を心配することが愛
君は僕がいないと駄目な子だね…と自立を妨げる。

◆その人のために、自分は不幸になろうとすることが愛
僕が不幸になれば、少なくとも君は僕より幸せだよね?

◆その人に依存することが愛
あなたをどんなに必要にしているか分かってくれる?

◆その人を傷つけることが愛
両親に傷つけられたから、抱きしめながら傷つけてしまう。
愛そうと思えば思うほど怖くなる。

◆その人のために我慢することが愛
こんなに我慢しているから愛しているということにならないかな?

◆裏切らないか試すことが愛
裏切られた経験を癒やしたいのに遠ざけたくなる。

◆こんな私でも愛せる?と試そうとすることが愛
その人の愛を相手を利用してしか確かめられない苦悩。
どうせ、あなたも私を見限るのでしょう?

◆その人をコントロールしようとすることが愛
僕の思い通りになることが君の幸せなんだから。
自分の価値観を押しつける。

◆その人を応援することが愛
君が自分らしく生きることをサポートするよ。

◆その人と人生を楽しむことが愛
お互い自分の人生に責任を持ち、励まし合おう。

◆その人の成長を見守ることが愛
君がいてくれるだけで幸せ、それが僕の力になる。

◆その人と同じヴィジョンを見ていることが愛
ふたりならもっと多くの世界を見ることができる。

…どれも愛と呼ばれるものかもしれません。

どれも間違っているわけではありません。
その人その人の精一杯の愛の表現かもしれません。
先祖代々、受け継がれてきた愛の受け取り方かもしれません。

「愛」という言葉で、いろいろな気持ちを深く考えることなく、思考停止してしまうとしたら、それは危ういことかもしれません。

私たちの気持ちは、メディアの情報や、誰かを真似た知識で代弁することはできません。
それはあくまで、相手を通して自分と向き合い、自分の心を感じながら、生きることで感じられるように思います。

つまり、自分と向き合う鏡として、奇跡的にいろいろな人が私たちの目の前に現れてくれます。
目の前に現れるパートナーは、私たちの成長する可能性を見せてくれます。

さまざまな感情に、成長するヒントが隠されています。

それを機会として、受け入れるか、疎ましいものとして遠ざけてしまうか、私たちは選択する権利を持っています。
それは僕たちに自由に生きて良いということでもありますね。

パートナーシップを通じて、さらに自由に生きることが学べるように思います。

2013/11/28 ココリラにて初掲載
癒しのポータルサイト「ココリラ」にて、過去5年間で全83回の長期連載を担当していました。
ココリラリニューアルにより過去記事が参照できなくなったため、当サイトに順次掲載していきます。

関連記事

  1. 彼が恋愛する理由(7)

  2. 彼が恋愛する理由(4)

  3. 彼はポラリティ中毒「恋愛とポラリティ(二極性)は相性が良い?」

  4. 彼が恋愛する理由(5)

  5. 彼が恋愛する理由(最終回)

  6. 忘れていた時に出逢う人生のパートナー~パートナーと紡ぐ、スピリチュアル…

  7. 「太陽が眩しかったから…。」で恋愛しちゃだめですか?

  8. 直感に従って、恋に泣き、恋に笑おう!

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧