ウサギと亀のパートナーシップ 相手を応援していますか?~パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び第11回

交際期間なく、天使の導きで電撃入籍した僕たち。バツイチの傷も癒されないまま、恋愛抜きだったこともあり、この人とどんな家庭を築いていこう・・・ということはあまり意識していませんでした。
あなたのパートナーシップはどのようなヴィジョンでしょうか。

僕たち夫婦は、お互い一緒に実現したいヴィジョンを共有した「ビジネスパートナー」という側面が強かったです。

そういった未来指向の反面、僕の心の中は過去にこだわり、マイナスからの出発でした。お互いの資質をどう活かしていくか…という明るい面を見ながら、お互いの「違い」に歯痒い思いをすることもしばしばありました。

新しい人生が始まるというドキドキやワクワクも感じながらも、その根拠や自分に対する信頼もないわけですね。天使はよく、予測ができないようなことを僕たちの予感を信頼して行動へ促すことがあります。インスピレーション…という形で。

実際、予感を信頼して行動し続けた結果、多くの祝福を感じることができました。結婚した当初はお互いの性格がまるで正反対なことに気づき、衝突が多かったです。
火と水、太陽と月のようにお互いが正反対の性格です。
それに加えて、ペースがかみ合わないことのほうが多い…ということにもお互いが気づき始めました。
食後、食器の片付けのタイミング、約束の時間に対して家を出るタイミング、待たされる時間への感覚…。
情報の処理の早さ、学ぶペース、好奇心の幅、行動力・実行力の早さ…。
何をするにしてもペースが違うこと。

まるでウサギと亀が結婚したかのように思えました。ひょっとして住む世界が違う人間同士が結婚してしまったのでは?と自分の選択を疑う時もある始末。

先にいって休んでいるウサギを亀は怠け者と思い、ウサギはのろのろと歩く亀
(亀自身は走っているつもりですが…)にイライラする。

結婚して数年が経ち、夫婦として形になってきたと思う頃に、落とし穴がやって来ます。お互いの人格の境界線を引けなくなっている自分に気づくようになっていました。自分のペースを相手におしつけてしまっているのでした。ウサギにとって、亀のようにのろのろと歩くことは苦痛であり、亀にとってウサギのペースは脅威です。
結婚当初、未来のヴィジョンを共有しあって幸せな時間も多くありましたが、だんだんと相手のペースに戸惑うことが増えたり、自分のペースを相手に押しつけてしまう自分と遭遇するようになりました。

ウサギにとってみれば、亀は本当に走っているのか?と。
亀からすると、ウサギは亀の遅さをバカにしていないかと。

お互いに批評しあい、非難しあい、相手をコントロールしようとするのでした。
別々の人間なのですから、ペースが違うのは当然であって、それを自分のペースにあわせることは、お互いにとって辛いことになるのは頭では解っているのですが、夫婦という単位でさまざまなことを捉えようとすると、湧きあがってくる感情的なものをコントロールすることが難しくなってきます。
それは、相手への不信感と言えるでしょうか。
全面的に自分の価値や存在を信頼していることができれば、相手へのそういった気持ちは湧き起こってはこないと思います。
つまり、相手への不信感は自分への不信感の投影かもしれません。
今ではお互いが別の人格で、ペースも違い、夫婦であるまえに個々の人間だと思えることのほうが多くなりました。それでもアクシデントが発生すると今でも喧嘩はします…。
結婚したから数年経った時、このように思うようになりました。

ウサギの世界に亀が混じったら、苦しい。
亀の世界にウサギを連れてきたらかわいそう。
お互いがお互いの最大のパフォーマンスを出せる世界にいよう。
その世界を尊重しよう。そのために、自分のことも尊重しよう。
自分に出来ることに集中しよう。
相手のためでも、やりたくないことはしないでいよう。
(実は相手のためでもなかったりするから…)
相手のペースに合わせるために、自分ではない誰かになるのではなく、お互いのペースを尊重しあいながら、自分が最大にパフォーマンスを出すことに集中するように心がけています。
お互いが違う人間だという当たり前のことをパートナーシップが深まると忘れてしまうことがありますね。
あなたにとっても、僕たちにとってもパートナーシップが相乗効果を生み出す素晴らしいものであることを祈っています。

2013/09/12 ココリラにて初掲載
癒しのポータルサイト「ココリラ」にて、過去5年間で全83回の長期連載を担当していました。
ココリラリニューアルにより過去記事が参照できなくなったため、当サイトに順次掲載していきます。

関連記事

  1. パートナーシップのために…(12)「パートナーと同じ○○○○○を見つめ…

  2. パートナーシップのために…(10)「○○○を独り占めしない。」

  3. 心にざわつきを覚えるなら…成長チャンス!

  4. 価値観の正当性を振りかざす

  5. パートナーシップの秘訣を求めて

  6. 僕の「ありのままギレ」は家族によって叩きのめされる

  7. パートナーシップのために…(7)「何をするにでも夫婦○○合意であること…

  8. ぐ~のねも出ねぇぜ!状態から深めるパートナーシップ

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧