メールリーディング☆感想(15)

こんにちは、潤治です晴れ
メールリーディングをしていると、そのご相談内容でいただくメッセージは僕自身へのメッセージであることが少なくありません。
目の前にお越しいただく方は、メッセンジャーです。
何か新しいことを始めるとき、僕は二の足を踏む傾向があります。
新しいものへの怖れといえると思います。
予測すること、心配すること、期待すること…、考えすぎて疲れてしまって、何もしない…ということもありました。
ゆだねることは人生を信頼しているという表明です。
それは、今の自分に感謝しているということでもあります。
人生は選択の連続ですが、いつも大きな力に守られていることを感じていきたいです。
そんなメッセージを持ったご感想をいただきました。

AQUA MIXT 
   潤治 様
お忙しい中、天使からのメッセージありがとうございます。
心に染み入る温かいメッセージにとても感動しました。
夢に向かって進んで行こうと思う私と、私を支えようとしている天使たちの一体感をメッセージを読んでいて体感しました。
私自身の持っている母性愛も再認識できました。ありがとうございます。
そして潤治さんから学んだ手の表情も大事にしていきたいと思います。
メッセージを読んで休息の意味も納得できました。
私が好きな映画や音楽を聴いたりする時間も、心と体を成長させる為の休息かな。
と感じました。

そして、私が天使に問いかけたメッセージを受け取るのは私自身だという事をどんな時も思い出し、天使とともに、これからの人生の旅支度をしていきたいと思います。
潤治さんや寛子さんからいつも沢山の愛を注いで下さってありがとうございます。
天使のメッセージを読んでいると、お二人の心地よい愛情が伝わってきます。

これからの私に、色々な愛の導きがあると思いますが、その導きを指示したのは私なので、見えない不安に恐れずに、時には身を委ねながらそして、その過程を楽しみにして進んで行こうと思います。

沢山の事に気づくことが出来ました。本当にありがとうございました。
(R.M さま 女性)

  

関連記事

  1. 詰問力から質問力への移行は人生をシンプルに

  2. いつの間にか封印していた、好きなこと

  3. 袖振り合うも多生の縁~上級レッスン~

  4. 恋愛は僕たちの可能性を広げてくれる

  5. インディゴチルドレンの憂鬱「大人になって何が悪ーい!」

  6. 自分に恋をしたように、自分を大切に。

  7. 楽しいことして意味あるの?

  8. 愛される価値がないと決めた日

過去記事一覧