天使に導かれた出逢い~パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び第4回

第4回は、寛子編です。

AQUA MIXT の強みのひとつは「潤治&寛子のパートナーシップ」と謳っていますが、完璧な形でそれがあるわけではありません。
いつも色々な葛藤や悩みを一つ一つ乗り越える過程にあります。
「意外!?」と言われることも多いのですが、大喧嘩もよくしますよ!

『数回顔を合わせただけで、交際期間なく天使の導きで入籍』という私たちのミラクルな出逢いと結婚の話を聞いた人には
「やっぱり、 2 人はソウルメイトなんだねぇ」
と、結婚 12 年目(2013年当時)に入っても仲良く、二人三脚で「シックスセンス磨きサロン&スクール AQUA MIXT(アクア・ミクスト) を運営している私たちをみて納得されるのですが・・・

実は入籍したばかりの頃は、周りからは「1年持てばいい方だろう」なんて揶揄されることもあるほどでした。

さて 10 年以上前の私は…人生のパートナー 潤治に出逢う前の私は、いつも天使に祈っていました。「私の片割れの羽根を持った、ソウルメイト ( 魂の伴侶) に出逢えるように」・・・と。

私にとってのパートナーシップのイメージは、天使の羽根のイメージ。

『人は、天使の羽根を片方ずつ持って生まれてくる。
一人だと片方の羽根ではうまく飛べないし、飛べる範囲も限られている。
けれども、自分の対となる羽根を持った人と出逢えば、
二人で力を合わせて一対の羽根で飛ぶことが出来る。
そして、一人では行けない場所にも、二人なら飛んでいくことが出来る。』

連載第2回「人生のパートナーに出逢うためには」より

潤治とパートナーとなろうと思ったのは、ふとこの片割れの羽根を持った人なんだとピンと来た瞬間があったからです。
「あ、この人が天使の教えてくれたソウルメイトだ!」と。

デートでもなければムードも何もない。

大きな講演会の会場で、偶然で?必然で?隣に座っていた人。

実はその前日に、私は 天使から「片割れの羽根を持った人と出逢うよ」というサイン を受け取っていたのです。

その頃は理想のパートナーの象徴として、色々な天使グッズを身に付けていました。
特にお気に入りの天使や天使の羽根のシリーズのアクセサリがあり、ピアスやペンダントを毎日身につけていました。
ところが、気付くと大のお気に入りの天使のピアスが片方なくなっていたのです!!
おそらく外の公衆電話で話していた時に、受話器に引っ掛かって取れてしまっていたのか、もう探すことも叶いませんでした。

普通はお気に入りのピアスを片方無くすと、とてもショックを受けます。
残念でとても悲しい気持ちになるはずだと思ったのですが、この日は不思議と全くショックを受けませんでした。その時、私の耳元で天使が囁いたように感じました。

「あなたの天使の羽根の片割れを持った人が、もうすぐ現れますよ。」

その瞬間は、誰なんだろう?さっぱりイメージも湧かなかったのです。
しかし、次の日隣に座っている潤治とほんの少し会話をした瞬間、全てが繋がったのです。

突然二人には、共通の未来のヴィジョンが見えました。
今の AQUA MIXT の原型(当時は天使のセラピーをするとは思ってもみなかったのですが)、カウンセリングルームを二人で立ち上げているヴィジョンでした。

そのヴィジョンに向けて、「一緒にやろう!」
瞬間のインスピレーションだけでした。
お互いの趣味も学歴も交友関係も家族関係も・・・相手のことをほとんど知らずに、そのヴィジョンの導きだけで次の月にすぐ入籍することになったのでした。

『自分の対となる羽根を持った人と出逢えば、
 二人で力を合わせて一対の羽根で飛ぶことが出来る。
 そして、一人では行けない場所にも、二人なら飛んでいくことが出来る。』

入籍後にすぐに一緒に暮しはじめ、様々な現実に直面しました。
ソウルメイトと出逢っても、その時に完全な形でパートナーシップが存在するわけではありません。
練習も不十分なままでは、二人でうまく飛ぶことなぞ出来ないことを痛感することも多々ありました。
しかし、二人で視たヴィジョンだけが、夢だけがたよりだったのです。

二人で上手く飛べるようになるための数年間の葛藤、 AQUA MIXT の立ち上げ・軌道に乗せる道のりは、パートナーシップを磨くための貴重な学び・体験となっています。
それらの学びを、今後の連載で潤治と交互にご紹介していきますね。

2013/06/06 ココリラにて初掲載
癒しのポータルサイト「ココリラ」にて、過去5年間で全83回の長期連載を担当していました。
ココリラリニューアルのため過去記事が参照できなくなったため、当サイトに順次掲載していきます。

 

関連記事

  1. 「恋愛講座」ご感想(3)正直な自分でいられないなら…

  2. 彼が恋愛する理由(最終回)

  3. ライトワークス本店企画「恋愛講座」レポ(1)メディアの意図

  4. 恋愛は誰もが使える魔法

  5. 恋愛ドラマの踏襲を日常生活でしているとしたら、それは喜劇

  6. 絶望の淵からスピリチュアルな道へ

  7. 恋は遠い日の花火ではない 恋愛過去生リーディング

  8. パートナーと紡ぐ穏やかな恋愛模様 恋愛セキララレッスン

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧