いつの間にか親と同じ道をたどっている?親になって気づいたこと

ゴールデンウィークに入る直前、私はエンジェルナンバーゾロ目の44歳になりました。
4は天使の数字ですから、4のゾロ目はエンジェル・セラピスト®としてはとても嬉しく感慨深いですね。

ちなみに私は4月28日生まれ(おうし座)、そして天使の道に導いてくれた師匠ドリーン・バーチューのお誕生日は4月29日です。
これも毎年、やっぱり同じおうし座よね、と思いながらなんだか嬉しいです。

e96424dca55786d81f3f31da2fafb1ba_s

さてゴールデンウイークは、遠出もせず仕事がメインでした。
仕事がない時間は家族と過ごし、もうすぐ3歳になる娘と一緒に「ファインディング・ニモ」をレンタルDVDで観ました。

2003年の公開時に劇場で観ていましたが、改めて親になってから観ると、また違う感覚になりました。
マリーン(お父さん)とニモ(息子)のやり取りにも、以前ならば「マリーンは過保護過ぎるな」くらいの気持ちでした。(自分の親に対しても感じていました。)
しかし今なら、いろいろと心配し過ぎてしまうこと、自分だけがニモを守れる、いや守らなければ!という気持ちになってしまうこと(つらい過去があったからこそ)、しかし子供にはうっとうしがられてしまうことなども、共感することしきりでした。

そして子供も親もそれぞれ冒険して成長する姿に、「もっと子供の力も自分の力も信じて良い」ということも、改めて感じました。
そう、ちょうど娘が春から2歳児クラスで体育会系幼児園に通いだしたというタイミングだったこともあります。

そして、「ファインディング・ニモ」の続き近日公開だそうです!!

家族で観に行こうかと思います。娘は、映画館デビューかな?

さて。私の誕生日の話に戻りますね。
ご近所のケーキ屋さん「もみの樹」でケーキを家族で食べた以外は、特別なことは何もしませんでした。
ここのところ私の父も義父も入院中と落ち着かず、潤治は病院から呼び出されてこの日も検査や今後のことを医師と話し合い。

私は娘の小葉とモンテッソーリプレスクールに行ってから(こちらのプレスクールはまだ通っているのです)、もうすぐ3歳になのでお誕生日写真を撮りにスタジオアリスに行きました。

自分の誕生日だったのに、早くもゴールデンウイーク明けに3歳を迎える娘のお誕生日のことばかり考えていました。

そういえば2年前の誕生日も、母から「何が欲しい?」と聞かれた時に、自分の欲しい手頃なものが思い浮かびませんでした。
「小葉のものが欲しいな」ととっさに答えてしまったのです。

気づけば、自分のことより子供のことが最優先。

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s

思えば自分が子供の頃、両親が何より子供優先で生きている姿勢に疑問を持っていました。
友達付き合いも少ない両親でした。

自分のやりたいこと、欲しいもの、そんなに我慢しなくていいのに…
とも思っていました。

ところが気づけば、私も同じ道をたどっている?

いやいや、人生の目的を進むことは、歩みを止めていない。
ここだけは譲れないですね。

子供が生まれるまでの40年以上の人生で、思い返せばやりたいことはほとんど行動に移してきました。

1人で世界をぐるりと回ったりもしたし、スカイダイビングもスキューバダイビングもしたし…

最後の登山も、妊娠に気づかず1人で出かけたし。
(注:1人の登山は危険です!実際、この時危険な目にあいました。それでも生まれてきてくれた、丈夫で頼もしい子です。)

スキーもテニスも自転車もたくさんの仲間がいたし。

けれども高齢出産のために、陥りやすい思考パターンかもしれないと思ったのですが、

「若くして生んだお母さんたちよりも充分好きなことをやってきた後だから、
残りの人生、これからは子供中心で。」

と、いつの間にか自分を言い聞かせているのですね。

いやいや、子供にも自立の道を歩んで欲しいし、私も親として子供に依存せずに自分の人生をさらに創り出していきたい。
なのに、ふとした瞬間に子供になんでも捧げようとしてしまう自分がいたりします。

自分自身が親を見ていつも思っていたのは、「早く、子離れして!」ということでした。
私は、大丈夫かしら?

断乳後から1年半ほど経ち、私の体重は妊娠後期と同じくらいに。
(お腹には誰もいません!)

これって子育て中だからと無意識に何かを我慢して、代わりに食べる方に走っているかな…と感じてます。

d6f798bd06fcb8f050b80e65ea96e8e8_s

暦通りの平日に、娘を幼児園に送り出したあと。
夫婦二人でふと「自分たちは、何がしたいんだろう?」とフリーズしてしまう場面がありました。

2人とも仕事と子育てギリギリの状況で突っ走ってきたので、娘が朝から夕方まで居ない生活に慣れていないのです。
この3年で無意識のうちに、夫婦ともに子供優先になり過ぎていたのだと実感します。

セッションや講座のない日に2人で仕事しようと思っても、娘が居ない家のその大きなスペースに戸惑いまくるのです。

改めて感じます。

子育て、天使の仕事といった私の「ライフパーパス(人生の目的)」以外に、私がやりたいことってなんだろう?

私の人生に何を付け加えたら、より楽しく充実するのかしら?

エンジェルからのメッセージ

あなたの存在価値は、あなた自身の内なる光に気づき、それを大きくしながら周りを照らしていくことです。
誰もが光の存在であり、その光を貢献に使うことができるのです。
あなたの内なる光に、まず自分自身が気づいて癒されましょう。

あなたらしい人生を歩むお手伝い「ライフパーパス個人レッスン」
リニューアルしました。
mn_lifepurpose

関連記事

  1. 残念ながら、神話は僕たちの人生を決定するパワーがある

  2. あなたが私にくれたもの「判断・決断する日々」

  3. この子に出来る一番のことという呪縛〜子育ての中に模範解答はない

  4. やれば出来る!を信頼できるのか?

  5. パパ・プレパパがぶっちゃけ触れあう機会

  6. よみうりランドの入園をお得に楽しむ!「読売ファミリー・サークル」編

  7. 許しは与えられる 子育ての不思議

  8. じゅんじとひろこを選んだの~両親を選んで生まれてくる子ども

AQUA MIXTの無料メール配信サービス

新着記事

過去記事一覧